top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

東大志望には東大卒の先生”論争が話題 教える資格とは? 竹中平蔵が語る「良い教師の条件」

ABEMA TIMES

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘Hiragino Mincho ProN’; color: #000000}span.s1 {font: 12.0px Times}span.s2 {font: 12.0px ‘Lucida Grande’}

 今、Togetterでまとめられた予備校講師の投稿が話題になっている。

【映像】予備校講師に「東大出てないのに俺に教える資格あるんですか?」

「先生どこ大出身ですか?」「東大出てないのに俺に教える資格あるんですか?俺、東大志望者ですよ」

 生徒にそう問われたのは、東進ハイスクールなどで漢文の講師を務める寺師貴憲氏が29歳の新人だった頃。その時は「僕は頭悪いし勉強も苦手だけど、漢文だけはもう10年以上勉強してきているから大丈夫。他の科目については全然敵わないけど、漢文については君が僕に追いつくには…とりあえず東大に入って、勉強して…半年はかかるよ!」と答えたという。その生徒は納得して講義を受け、東大に合格したという。

広告の後にも続きます

 学業だけでなく、会社や職場でも誰かを教えるという場面に直面する。プロスポーツでも、優秀な選手が必ずしも優秀な指導者になるとは限らない。教える、指導することの極意はどこにあるのか。教える資格とは何なのか、『ABEMA Prime』で寺師氏を招き考えた。

■自分でやるのと教えるのは別物?

 寺師氏は、当時のやりとりについて「なんて質問をしてくるんだろうと思ったが、そのように聞いてくる生徒はいると聞いていたのもあり、自分の中では消化している。“素の力は敵わないかもしれないが、とにかく漢文だけはずっとやってきた。教える仕事もしっかりとやっているので、その点は勝つよ”という意味で伝えた」と振り返る。

 実業家のハヤカワ五味氏は「質問した学生はまだ教えるという経験はなかったんだろうなと、若くていいなと思う」とコメントした上で、「会社で人に教えたりする時も、感覚的に理解しているだけではなく、構造的に整理してわかりやすくしたり、相手によって伝え方を変えたりと様々な要素がある。自分ができるのとは別物だ」と指摘。

 慶應義塾大学名誉教授の竹中平蔵氏は「こんなバカな質問をするなら大学に行く資格はない、と私なら言う」と苦言を呈し、「ハーバード大学の学長と話すと、“東京大学は東京にある大学だろう。それ以上の意味はない”と。大学ランキングも世界30位くらいで、アジアの中でも遅れをとっているのに、神様みたいに思う変な学歴信仰がある。東大という外形基準で判断するのは、若くても幼くても問題だ」と述べた。

 寺師氏は普段、生徒をどう指導しているのか。「プランを立てるのは別の人がやり、僕は漢文だけに集中する。生徒に学力をつけてもらうのが大事で、彼らがどこをクリアすれば点数が取れるのかを考える。過去問を大量に研究して、ひとつずつ身に付けさせればというのを分かった上でやっている」「ひとりを見ている時は生徒のキャラクターに合わせて変えている」と答えた。

■竹中氏「何を競うかで教える立場も変わってくる」

 「教える資格」とはどのようなものなのか。例えば、「免許」がいる先生(教員免許)やサッカーコーチ・監督(指導者ライセンス)、「專門性」がいる水泳や体操教室のほか、職人の「技術」、研究・調査や培った経験などの「知識」、過去の受賞歴や作品が「肩書」になる場合もある。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル