top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「庶民感覚からかけ離れた政治を変える」 国民・玉木代表、自民党の“裏金問題”を厳しく追及

ABEMA TIMES

 国民民主党の党大会で玉木代表は、自民党の裏金問題について「庶民感覚からかけ離れた政治を変える」と述べ、厳しく追及する考えを強調しました。

【映像】玉木代表のコメント

「濡れ手で粟で裏金を手にし、脱税まがいの会計処理を放置する。そんな庶民感覚からかけ離れた政治を変え、生活者、納税者、働く者の立場に立った政治を取り戻そうではありませんか」(玉木代表、以下同)

 国民民主党は「政策本位で協力できる政党とは与野党を問わず連携していくが、『正直な政治』が大前提だ」とする2024年度の活動方針を採択しました。「給料が上がる経済の実現」を訴え、引き続きガソリンや電気代の値下げに取り組むとしました。

 一方、玉木代表は立憲民主党との合流については否定しています。

広告の後にも続きます

「立憲民主党という政党としてどういう外交安全保障政策、あるいは原発を含めエネルギー政策や憲法についての考え方を持っているのかが分からないので、今ともに政権を担う政党とは考えていません」

 玉木代表は、基本政策について協議する用意はあるものの、立憲側から「話が来ない」と述べました。(ANNニュース)

 
   

ランキング

ジャンル