top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

中島健人“松永”、過去のシェアハウスでの恋愛を明かす「自分が出ていくつもりだった」<リビングの松永さん>

WEBザテレビジョン

中島健人(Sexy Zone)主演ドラマ「リビングの松永さん」(毎週火曜夜11:00-11:30、カンテレ・フジテレビ系)の第6話が2月13日(火)に放送される。第6話の見どころについて中島、若月佑美からコメントが到着した。

■シェアハウスを舞台にしたラブコメ

本作は人気コミックを原作に、さまざまな世代の男女が共に暮らすシェアハウスが舞台。中島が演じるグラフィックデザイナー・松永純が、高橋ひかるが演じる女子高校生・園田美己とひょんなことから同じシェアハウスで共同生活をすることに。

恋に不器用な堅物のアラサー男と、ピュアで一生懸命で恋愛偏差値3の女子高校生が、時に衝突し、時に助け合うことで互いを認め合い成長していく、ドキドキ年の差ラブコメディー。

シェアハウスで暮らすメンバーとして、松永と男の友情で結ばれているバーテンダー・鈴木健太郎を向井康二(Snow Man)が、医大に通う大学生でいずれ松永の恋のライバルになる北条凌を藤原大祐、カレー屋でアルバイトしていること以外は生活スタイルが謎という不思議オタク系女子・服部あかねを大久保桜子、ヒロインの美己にとって憧れのお姉さん的存在のネイリスト・大貫朝子を黒川智花が演じる。

■「リビングの松永さん」第6話あらすじ

第6話は――

美己が内緒で凌と同じバイト先で働いていることを知った松永は、2人が付き合っていると勘違い。なんとか誤解を解きたい美己は、うっかり本当の気持ちを口にしそうになり言葉につまるが、機転をきかせた凌に助けられる。松永も、2人の関係が自分の早とちりだったと知る。

数日後、松永に渡すバレンタインチョコを作っていた美己は、偶然、松永が以前シェアハウスの住人と付き合っていたことを知る。健太郎によると、シェアハウス内での恋愛は自由だが、恋人同士になった時点でどちらか1人が出て行くのが暗黙のルールで、松永の元恋人もシェアハウスを出てアメリカへ旅立ったという。しかし、今は日本に戻ってきているといい、美己は言いようのない不安に駆られる。

学校でも元気がない美己を心配して声をかけてくれたのは、赴任してきたばかりの臨時担任・小林夏未(若月)だった。夏未は「勝算がない」と恋に後ろ向きな教え子を「自分の気持ちに素直にならないと後悔する」と励まし、美己もその言葉に元気づけられる。そんななか、三者面談のため朋子(映美くらら)が急きょ和歌山からやってきて、シェアハウスに泊まることに。松永は片付けを手伝おうと美己の部屋にやって来るが、そこにはバレンタインチョコを作ったときの道具や包装紙が散乱していた。

――という物語が描かれる。


■中島健人「ガチでパスタを作りました」

バレンタインデー前日の放送ということで、中島は「今夜はバレンタインイブ! チョコのように甘くて苦い恋の回です。自分が思っている人が今までどのようにバレンタインを過ごしてきて、誰からチョコをもらってきたのか。過去の恋愛をちょっと探ってみたい気持ち。恋愛には、過去、現在、未来があるわけで、今回の『リビングの松永さん』は、そのチョコが、松永にとっての過去、現在、未来のどこに届くのかっていうのがポイントです」とコメント。

また、第5話では、松永が美己のためにシェアハウスのキッチンでビーフシチューを作るシーンがあったが、第6話では美己の母親のために松永がパスタを作るシーンも。食生活アドバイザーの資格を持つ中島。中でも、お手製のカルボナーラは絶品というが、今回劇中で作るのはベーコンとキノコのオイル系パスタ。リハーサルの時から、にんにくをみじん切りにしたり、パスタのゆで具合を確認したりと、本格的に調理していた中島は「ドラマ撮影の本番で初めてガチでパスタを作りました(笑)。新たな僕のレパートリーにもなったので、作品に感謝です」と笑顔で語った。

■若月佑美「温かい優しい空気が流れる現場」

そして第6話から、美己の担任教師・小林夏未役で、若月が登場。若月は出演について「可愛らしくておかしくて、温かくて嫌な人がいなくて、そんな優しい世界の作品の1人になれることがうれしかったです」と語り、撮影現場の雰囲気については「温かい優しい空気が流れる現場でした。あと、すごくプロフェッショナルな現場で、このカンパニーはかっこいいなと思っておりました」とコメント。

教え子の美己を演じる高橋については「高橋ひかるさんは、とにかく清い存在でした。明るくて優しい気遣いのあるすてきな方だったので、ひかるちゃん本人から出る魅力が美己ちゃんに繋がってるんだろうなって感じていました」とにっこり。過去に共演歴もある中島については「中島さんはずーっと考えている方。役については勿論、現場で誰かが寂しくしていないか、スタッフさんが疲れていないか、その状況を見た上での自分の振る舞い方、接し方を考えていて尊敬しました。大きな音がしたら『大丈夫?』って一番に現場に向かう、そんなすてきな座長でした」と印象を語った。若月が演じるのはシェアハウスメンバーの関係性にも大きな影響を与える重要な役どころで、今後の展開にも注目となる。

■シェアハウスの恋愛事情とは

公式ホームページなどで見ることのできる予告動画では、美己が「メッセージどうしよう」とチョコに書くメッセージ悩んでいるシーンからスタート。一方、リビングでコタツに入る松永、健太郎、凌。「シェアハウス内恋愛ってありなんですか?」と尋ねる凌に、健太郎は「暗黙のルールみたいなのでどちらかがシェアハウスから出ていくっていうのはあるよね」と話す。そして、松永は「俺は自分が出ていくつもりだった」と過去の恋愛を話すことに。凌が「園田さんに告白されたらどうするんですか?」と問いかける場面も。

この動画に視聴者からは、「男3人でコタツ入ってる姿いいな」「恋愛したら出ていくっていうルールがあるのか」「好きな人のために頑張るのすてき」などの声が上がっている。

※高橋ひかるの「高」はハシゴダカが正式表記

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル