top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

犬が『キュンキュン』と鳴く理由5選 心理的なワケや病気・ケガの可能性とは?

わんちゃんホンポ

犬が『キュンキュン』と鳴く理由5選

犬はボディランゲージだけでなく、鳴き声でコミュニケーションを取ることもあります。特に、犬が「キュンキュン」とどこか切なそうな高い声で鳴いている時は、飼い主に訴えたいことがある場合が多いでしょう。

ここでは犬が「キュンキュン」と鳴く時に考えられる理由を解説します。

1.甘えたい

犬は飼い主に甘えたい時、「キュンキュン」といつもより高めの鳴き声を出して訴えかけることがあります。

キュンキュンと鳴くだけでなく自ら近寄ってきたり、わかりやすく見つめたり前足を体に乗せてきたりとアピールする子も多くいるでしょう。

2.不安なことがある

「キュンキュン」と鳴きながら執拗に飼い主の後をついて回ったり、あるいは背中が丸まりしっぽが足の間に入っているなどのサインが見られる時は、不安を感じている可能性が高いでしょう。

広告の後にも続きます

例えば、聞きなれない轟音が外から聞こえていたり、飼い主が出かける気配を察知しているなど、犬が不安に思う理由はさまざまです。

強い不安を覚えて震えているようであれば、理由によっては気持ちを紛らわすために、遊んであげたり隣に寄り添ってあげたりしましょう。

3.寂しい、かまってほしい

寂しさを感じている時にも犬は「キュンキュン」と鳴くことがあります。飼い主が出かける前にお留守番の気配を察知したり、飼い主が出かけた後も「キューン、キューン」と高い声で鳴いている光景が当てはまります。

また、なかなか飼い主がかまってくれない時にも、「キュンキュン」と鳴き声を出してアピールすることもあるでしょう。

4.痛みを感じている

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル