top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

猫に愛される『話しかけ方』とは?3つのアドバイスで愛猫ともっとラブラブに♡

ねこちゃんホンポ

1.声のトーンは高めにする

猫は全ての言葉の意味を理解しているわけではありませんが、飼い主さんが話しかけた時には、声のトーンをヒントにどのようなことを言っているのか判断しているそうです。

猫は機嫌が良い時や甘える時には高めの声で鳴くため、飼い主さんが高めの声で話しかけると「ポジティブなことを言っているみたいだな」「好意を向けてくれているんだな」と安心します。

逆に低いトーンの声で話しかけると猫には唸り声のように聞こえて、「飼い主さんは怒っているのかな」「敵意を向けられているみたいだ…」と勘違いしてしまうかもしれません。

愛猫を怖がらせたり不快にさせたりしないよう、男性や地声が低い方は特に気をつけたほうがよいでしょう。

2.控えめな声量で穏やかに話す

猫は聴覚が優れているため、大きな声を苦手としています。飼い主さんが大きな声で話しかけると驚かせてしまう可能性があるため、控えめな声量を心がけましょう。

広告の後にも続きます

また早口でハキハキと話す人よりも、ゆっくり穏やかに話す人の方が猫に好かれます。きっと穏やかな声は聞いていて心地よく、猫も安心できるのでしょう。

さらに言葉でコミュニケーションをとる際には、話し方だけでなく動作や表情も意識したいところです。

大きな声と同様に、大きな動作は猫を驚かせてしまうので要注意。話しかけた時に愛猫が可愛い反応をすると、つい「可愛い~!」とはしゃぎたくなってしまうかと思いますが、オーバーリアクションは猫のストレスになります。

そして猫は表情から気持ちを読み取る能力に長けているので、ぜひ笑顔で話しかけてあげてください。飼い主さんが笑顔で名前を呼んだり、「可愛いね」「いい子だね」と褒めたりすると、きっと愛猫は喜んでくれるはずですよ。

3.猫に目線の高さを合わせ、視線は逸らす

猫を上から見下ろすようにして話しかけると、威圧感を与えてしまうためよくありません。愛猫とコミュニケーションをとる際は、座ったりしゃがんだりしてできるだけ目線の高さを合わせましょう。

ただし目線の高さが同じになったからといって、愛猫の顔をじーっと見つめながら話しかけるのはNGです。猫にとって相手と目を合わせるのは、ケンカを売っているというサイン。あえて目を逸らすことで、「敵意はないですよ」と伝えるのが猫同士のマナーなのだとか。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル