top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

橋本環奈主演『万博の太陽』メインビジュアル公開 高畑淳子、堀内敬子ら追加キャストも

Real Sound

『万博の太陽』©テレビ朝日

 3月24日に放送されるテレビ朝日開局65周年記念ドラマプレミアム『万博の太陽』の追加キャストとして、高畑淳子、堀内敬子らの出演が発表され、あわせてメインビジュアルが公開された。

 参考:【写真】橋本環奈、飯豊まりえらメインキャスト

 本作は、1970年に開催された大阪万博の様子を主演に橋本環奈を迎えてドラマ化するもの。テレビ朝日開局65周年記念作品として、「世界中の人たちとつながりたい!」という思いを胸に万博で働くことを夢見たヒロインの青春と、その家族の物語が描かれる。

 脚本を手がけるのは、2025年度前期のNHK連続テレビ小説『あんぱん』の執筆も発表されている中園ミホ。演出は、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)や『七人の秘書』(テレビ朝日系)で中園とタッグを組んだ田村直己が務める。

 物語の舞台は、戦後復興を成し遂げ、高度経済成長期の真っ只中にあった昭和40年代。主人公・朝野今日子(橋本環奈)は“世界とつながる場所”である万博への憧れを募らせ、大阪へ。居候先の親戚一家に励まされたり、ぶつかりあったりしながら成長し、やがて万博のコンパニオンとして世界中の人々と交流するという夢をつかみ取っていくことに。

広告の後にも続きます

 メインビジュアルでは、大阪万博を象徴する“大屋根”と“太陽の塔”をバックに、橋本をはじめとする主要キャストが集合。コンパニオンのユニフォームに身を包み笑顔でアテンドする橋本の後ろには、今日子が身を寄せる万田家の千夏役・飯豊まりえ、博士役・番家天嵩、和世役・江口のりこ、昭太朗役・唐沢寿明が並び、会場の建設にも携わった“建築家の卵”倉本鉄平役・木戸大聖の姿も切り取られている。

 新たに出演が発表されたのは、ヒロインを見守るキャラクターを演じるキャストたち。堀内が演じるのは、今日子の母・朝野陽子。陽子は、娘・今日子のよき理解者であり、夢の実現を応援する。今日子の亡き父・次郎役を演じるのは、野間口徹。さらに宇梶剛士が、陽子が切り盛りする畳店に勤める熟練職人・岩山元治役で登場。元治は、江戸っ子で喧嘩っ早く口は悪いものの、ヒロイン母娘を温かく見守る役どころだ。同じく江戸っ子の青果店店主・山本留吉を演じるのは、安井順平。今日子の猪突猛進っぷりにあきれながらも、その幸せを願う“ご近所さん”を演じる。

 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)をはじめ数々のドラマ、映画に出演する大原優乃が演じるのは、銀行支店長の娘で大学生の勅使河原やよい。プライドが高いやよいは千夏や今日子をライバル視し、なにかと嫌味をぶつけてくる。

 “昭和の企業戦士”として登場するのは、矢島健一と飯田基祐。矢島は大手電機メーカーの部長・霧島役、飯田はやよいの父で銀行の支店長・勅使河原満役で出演。さらに、今日子に見合いを世話するお節介好きな仲人女性・大川寿子を高畑が演じる。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル