top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

佐々木希が主人公の初恋相手で、ラブストーリーにスパイスを与える役どころを好演<アイのない恋人たち>

WEBザテレビジョン

福士蒼汰が主演を務めるドラマ「アイのない恋人たち」(毎週日曜夜10:00-10:54、テレビ朝日系) 。2月11日放送の第4話は、主人公たちが“付き合うこと”の難しさに直面する様子が描かれた。そんななか、佐々木希が恋物語をかき回す役を好演している。(以下、ネタバレを含みます)

■“三組三様”の恋愛模様

本作は、遊川和彦氏が脚本を務めるオリジナル作品で、「愛がない」「見る目(eye)がない」「自分(I)がない」と、それぞれにアイが欠けている者たちによるラブストーリー。2024年の東京を舞台に、恋愛偏差値が低いワケありアラサーの男女7人が織り成す物語が描かれる。

福士が扮(ふん)するのは、心から人を愛することからも愛されることからも逃げているため「愛がない男」と呼ばれている33歳の売れない脚本家・久米真和。ほか、男性経験のないまま31歳になったブックカフェ経営者・今村絵里加を岡崎紗絵、真和の高校の同級生で女性と付き合ったことが一度もない「自分がない男」淵上多聞を本郷奏多、多聞と同じ食品会社に勤める29歳の冨田栞を成海璃子、真和の高校の同級生で「見る目がない男」と揶揄される警察官・郷雄馬を前田公輝、結婚に対して強い焦りを抱いている区役所勤めの近藤奈美を深川麻衣、真和の高校の同級生で初恋相手の稲葉愛を佐々木希が演じる。

恋愛は難しい。アラサー世代に限ったことでもないが、それまで違う歩みをしてきた者同士が向き合い、家族関係やその後の人生設計も考えればなおさら。第4話は、真和と絵里加、多聞と栞は正式に付き合うことへの揺らぎ、雄馬と奈美は知り合って1カ月足らずで付き合うことから結婚をスピード決意する様子が描かれた。


■愛は「生態系を壊す女」!?

真和と絵里加の恋愛模様には、愛が立ちふさがる。再会してから何かと真和のことを頼りにしている愛。離婚で飛び出してから関係がうまくいっていない幼い息子に、高校時代を振り返って「本当に心の美しい人だった」と言ってくれたことが嬉しかった。

ある日、愛は絵里加が営むブックカフェを訪れる。「何かおすすめを」と聞きながら、「カフェラテ」を提案されると、「牛乳苦手なんで、コーヒーブラックで」と言ってしまうところからちょっと挑戦的だ。

そんな愛に、先客としていた栞と奈美は「初恋の人か何か知りませんけど、絵里加さんの邪魔しないでもらえますか?」「久米さんと真剣に付き合おうとしてるんです」と言う。

高校時代、クラスの女子が男子に告白しても、みんな愛のことが好きで振られていたことから、「生態系を壊す女」と呼ばれていたという愛。「高校のときもこんなことあったな」と懐かしんで笑う。

そして「私たちは一生一人の人を大切にしたいんです」という言葉に、「こっちはね、したくもない経験したり、くぐりたくもない修羅場くぐってきたの。まだ籍を汚したこともないくせに甘っちょろいこと言わないでくれる?」と返した。


■愛が絵里加に挑発的な言葉を吐く

そこに絵里加が参戦。「あなたは真和さんのこと、どう思ってるんですか?」と問い掛けた。

愛は立ち上がって腕を組み、身長差もあって見下ろす体裁で「もちろん好きよ。初恋の相手だし」と言い、「でもあなたには無理だと思う、真和と付き合うの。真和は仕事が一番大切で、自分を絶対変えないことぐらい、あなただって薄々気付いてるんじゃない?いまはいい雰囲気かもしれないけど、あいつのことだから、すぐ他の女に手出すに決まってるし、マッチングアプリだって退会してないんじゃないかな。あなたと知り合った以外のアプリも登録してるかも。だから、あなたに真和を受け入れるのは絶対無理。自分が傷つくだけだし」と続けた。

美人には美人の悩みもあるというのか、図らずも修羅場をくぐらなければならなかった人生。そんな様子が分かりつつ、恋模様をかき回すような、ちょっと悪い女ぶりを佐々木が鮮やかに見せた。ただ、真和が言った「心の美しい人」というのは、「いじめがあったら、胸張ってやめろって言う勇気がある」ということも含んでのことだったから、心根は優しいはず。それが内包されていると思うと切ない。

だが、この愛の言葉は、絵里加に重くのしかかる。真和に「付き合いたい」と言ったものの、付き合うには肉体関係があるものと思っている真和といざその段階に進もうとしたとき愛の言葉がフラッシュバック。アプリは退会したのかと、恋愛では禁句とも言われる「私と仕事、どっちが大事ですか」と聞いてしまう。真和の答えは、アプリは退会しておらず、大事なのは「今はまだ仕事」だった。

一方、愛は息子に誇れる母でいようと就活中だが、男性面接官からのセクハラで嫌なことばかり。それでついまた真和を頼りにして会いに行くのだが、酔っぱらった愛が抱きついたところを、絵里加が見てしまうという少々波乱のラストを迎えた。

真和、絵里加、愛は三角関係の修羅場に突き進むのだろうか。“愛がない男”の真和と、恋に不器用過ぎる絵里加の恋路にスパイスとなっているような愛にも幸せになってほしいと願わずにはいられない。

◆文=ザテレビジョンドラマ部

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル