top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

私が障害者専門の風俗嬢になった理由。母親が射精介助するのが“普通”ではいけない

日刊SPA!

 タブー視されがちな“障害者と性”に真正面から向き合う女性がいる。一般社団法人「輝き製作所」の代表で障害者専門風俗嬢の小西理恵さんだ。
 障害者専門風俗嬢とは、読んで字のごとく男性障害者を相手に性サービスを提供する女性のこと。18歳で性風俗の世界に飛び込み、祖母の介護を経て辿り着いた現在地。「性を大々的に発信する私に嫌悪感を抱き、離れていった人もたくさんいる」なかで、なぜこの仕事に取り組み続けるのか。その理由を聞いた。

◆重度の障害があろうと性欲はある

――まず初めに、’20年に立ち上げた「輝き製作所」の事業内容を教えてください。

小西:“障害者と性”に関するカウンセリングや講演を開催しています。これまでサイトの問い合わせ欄には、障害者の方はもちろん、その家族や障害者支援をする人などから多数連絡をいただいてます。その数は計826人。SNSなど他媒体からの連絡を含めると1000人は超えているはず。また別事業で、個人で風営法の届け出をして、障害者専門風俗店として性サービスを提供しています。

――もともと小西さんは18歳のとき「彼氏との同棲資金を稼ぐため」に初めて性風俗店で働いたそうですね。

小西:ええ、たった数万円のお金が欲しくて始めました。何もわからなかったから業界に対する抵抗もなかったんですよね。彼氏と別れて一度はやめたけど、母親代わりだった祖母を養うためにまた働き始めました。

――祖母が働かなくとも、小西さんの収入だけで平穏な暮らしが続けばいいと思っていた、と。

小西:そう思っていたときに祖母がパーキンソン病を発症してしまい、施設に入ることになりました。それを機に介護について考えるようになり、30代になってから福祉の資格を取ろうと学校に通うことにしたんです。学校の友達に誘われて、障害者の方が暮らすグループホームへ見学に行きました。そこで「何も楽しみがない」という障害者男性と出会ったんですね。そのとき率直に“性の楽しみが選択肢にあってもいいのでは?”と思って、性事情を調べてみました。

――調べてみてどうでしたか?

小西:障害者専門風俗店があることを知って、まずは自分が実際に働いて現場を知ろうと思ったんです。いざ働いてみると、サービスの予約が取れるのは“何時にどこで待ち合わせ”と最低限のやりとりができる人たちだってことに気づいたんですよね。それができない重度の知的障害者やパソコンが使えないような身体障害者には難しい。一部の障害者しか性サービスを受けられないのはおかしい。そう思ったことが「輝き製作所」を立ち上げるきっかけになったんです。

◆性欲処理を母親がすることは多い

――“性を仕事にする”うえで初めて知ったことはありますか?

小西:グループホームの見学で出会った障害者支援をする人たちから衝撃的な話を聞きました。“障害者の男性が実の母親にペニスを挿入して妊娠させた”という。当然ですが障害者にも性欲はあります。お母様からしたら誰にも相談できず“自分が何とかしなくちゃ”という状況だったんでしょう。こんな思いをしている人がまだどこかにいるなら、私が力になりたい。一般の風俗店では性サービスを断られてしまうケースも少なくないですから。

――「ホワイトハンズ」代表・坂爪真吾さんの著書『セックスと障害者』には“身体障がいや知的・発達障がいのある子どもの母親が、周りの誰にも相談できずに、やむをえず息子の自慰行為を手伝っているという例は、昔から少なからずあります”と書かれていました。

小西:男性の支援者さんが障害者の前でマスターベーションを実践して教えたり、自分の手を使って射精介助したりという話もよく聞きます。

――同様のことが親子間でも?

小西:親子で性関係を持つことを“普通”と思っている障害者もいます。また親に対して罪悪感を持ちながらも“自分は他人の異性とはできないし”と状況を受け入れている人もいる。理性と欲求のせめぎ合いなんでしょう。ただ、“仕方がない”で済ませていい話ではありません。

――そこには障害者とその家族特有の母子密着の関係が存在するのでしょうか。

小西:やっぱりお母さまからしたら息子はかわいい存在。“自分がいなきゃ生きてこられなかった”という認識のままだと、個としてお互いに自立できないんです。「離れないといけないと思っているけど離れられない」という声もよく聞きます。

◆性の悩みや求めていることは一人ひとり違う

――実際に小西さんが性サービスをする相手は、どのような障害を持つ人が多いですか? 

小西:障害者とひと言でいっても、身体障害、知的障害、精神障害とさまざま。大前提として、障害名が同じでも性の悩みや求めていることは一人ひとり違うということです。そのうえで、身体障害者では、脳性麻痺で車椅子を利用されているパターン。それから筋ジストロフィーやALSなど筋力が低下した障害者もいます。彼らの中には、私が訪問してもドアを開けることができない人もいるんですよね。そうなると、家族や支援者さんの協力があってこそ成り立つものだと言えます。

――知的障害や精神障害の場合はどうですか?

小西:知的障害者は発達障害を併発している場合がよく見受けられます。言葉で伝わらない人には文字やイラストを使いサービス内容を話しますが、相手のニーズまで聞き取ることは難しい。精神障害者はうつ病や統合失調症などで人とコミュニケーションが取れず、一般の風俗店で拒否された人もやってきます。

――本人が意思表示できない場合は、いくら家族や支援者が「性サービスを受けさせたい」と願っても、難しいという側面もあるんですよね。

小西:たとえ体が反応したとしても、お断りしています。排泄のときに勃起した姿を見て、“かわいそうだな”と思う気持ちはよくわかる。ただやっぱり本人の同意がないと、性加害になりかねないですから。それに本人の意思とは関係なく、勃起してしまうこともあるんです。

◆「初めて女性の体を見た」と涙を流す人も

――同意を経て行われるサービスには、どのようなコースがあるのでしょうか。

小西:“ただ女性と触れ合いたい”と思っている障害者であれば60分5000円の「デートコース」、重度の障害があり自身でマスターベーションができないとなると手のみで射精ができる30分7000円の「射精介助コース」を利用する方が多いです。ただ一番人気は、60分1万8000円の「ヘルスコース」。平均して5月10件ほどの成約があります。利用者の年齢層は20〜70代と幅広いですが、40〜50代がコア層。一度利用された7〜8割がリピーターになっています。

――ヘルスコースのプレイに関しては、利用者から何か要望もあったりするんですか?

小西:私がSMクラブで働いていたことを知ってる方には、縛られたいとかアブノーマルなことを求められることもありますが、「出血がなければOK」と伝えています。ただ「普通がいい」という声がほとんど。「初めて女性の体を見た」と涙を流す人もいる。必ずしも、勃起や射精がゴールではないんです。

◆“介助ができる風俗嬢”

――“障害者専門”とはいえ、行うことは通常の風俗と変わらないということですね。

小西:そこに支援という関わりがプラスされるくらい。“介助ができる風俗嬢”と言ったらいいんでしょうか。あまりに手助けして障害者をお世話してる感が出るのは、私自身もイヤだし、相手もきっとイヤなはず。一人の女性として性を楽しむつもりで接しています。

――小西さんの活動を知って“障害者専門風俗嬢になりたい”と興味を持つ方もいる気がします。

小西:ただ実際にやってみて、コミュニケーションや、車椅子からベッドへ移動する移乗介助など身体的に難しいと諦めてしまう人もいる。頑張りたいという思いだけでは継続できないし、自分を犠牲にしてまでしてほしいことではないんです。

――小西さんは、決して自分を犠牲にしているわけではないと。

小西:使命とか大それたことは言えないですが、風俗嬢や祖母の介護、すべてが繫がって今がある。こうして取材を受ける機会に恵まれていることや応援してくれる方が多いことが、私自身がこの仕事を“やるべきこと”の証明だと思っています。

◆50歳くらいまでは現役でいたい

――小西さんが男と女として接することで“ガチ恋”する利用者もいるのでは。

小西:……いますね。でも、そんなときは「みんなの小西です」と伝えています(笑)。実際、私に好きな人ができて、この仕事を応援してくれる人であっても、交際や結婚は選ばない。自分の彼女や奥さんが裸になって他の男性に触られるのは、本当に好きならイヤだと思うんです。

――「一日に多くて3人に性サービスを提供する」となると、体力的にも大変そうです。

小西:ベッドの上で体を動かすことが難しい方とのプレイは、空いているスペースに自分の体を置きながらになるので、筋トレ並みにハードですね。それでも、50歳くらいまでは現役でいたいと思っています。

【小西理恵 Rie Konishi】
大阪府生まれ。幼少期から母親代わりだった祖母の介護を機に、障害者専門風俗嬢に。’20年9月に一般社団法人「輝き製作所」を立ち上げ、別事業で障害者専門風俗店として性サービスの提供を行う。YouTube「週刊 輝き製作所」では、”障害者と性”について発信する

取材・文/橋本範子 撮影/杉原洋平

―[インタビュー連載『エッジな人々』]―

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル