top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『ブギウギ』“有名人”スズ子と戦後復興とのズレ 「東京ブギウギ」は美談で終わらない

Real Sound

『ブギウギ』写真提供=NHK

 羽鳥善一(草彅剛)が作った新曲「東京ブギウギ」で“ブギの女王”として一躍スターとなったスズ子(趣里)。そんな中、『ブギウギ』(NHK総合)第92話では、芸能記者・鮫島(みのすけ)の取材を受けたことがきっかけでスズ子は大変なことに巻き込まれてしまう。

参考:田中麗奈、『ブギウギ』主演・趣里の凄さを語る 「なんて伝説を目にしているんだろう」

 「東京ブギウギ」のヒット以降、スズ子は休みなくステージに立ち続ける多忙な日々を送っていた。その間、愛子の子守をする山下(近藤芳正)も足腰を痛めかけている。一方、善一にはレコードや舞台、映画音楽などの作曲依頼が殺到。さすがの善一もオーバーワーク気味で、催促してくる仕事関係者に「信じてお待ちください」としか言えない状況だ。スズ子も新曲を依頼しているが、一向に音沙汰がない。

 人気者ゆえの嬉しい悲鳴とも言えるが、スズ子と善一は良くも悪くも注目され過ぎている。実力が認められた分、それ以上のものを求める世間からの過度な期待を背負いながら仕事と向き合わなければならないし、その上、プライベートまで詮索されたり、ちょっとした発言が意図しない形で取り沙汰されてしまうことも……。有名人の苦悩というものは、今も昔も案外変わらないのかもしれない。

 スズ子は鮫島から取材で、“パンパンガール”について意見を求められる。パンパンガールとは、当時、有楽町界隈で主に在日米軍将兵を相手に街娼をしていた女性たちのことで、大きな社会問題となっていた。乳飲み子を抱えて奮闘するスズ子に、「同じ女性として彼女たちのことをどう思うか?」という鮫島の質問はそこまで突拍子もないものとは思えない。だが、スズ子の記事で「腹ボテ」「コブ付き」と猥雑な表現を使ってきた彼のことだ。記者としての純粋な社会的関心に基づく問いではなく、スズ子から世間の波紋を呼ぶような発言を引き出し、一儲けしてやろうという意図がそこにはあるのだろう。

広告の後にも続きます

 スズ子は慎重にかつ正直に言葉を選び、「生きてなんぼや。生きるためにしていることを他人がとやかく言えまへん!」と答えるが、後日、彼女のもとに有楽町界隈を取り仕切っているというパンパンガールの親玉・おミネ(田中麗奈)が怒鳴り込んでくる。“ラクチョウのおミネ”と呼ばれる彼女には、スズ子の発言が自分たちを馬鹿にしていると感じられたよう。鮫島がどういう書き方をしたのかはわからないが、スズ子が彼女の反感を買ったのは「東京ブギウギ」が戦後復興を象徴する楽曲と言われていることも関係しているのではないだろうか。

 贅沢が禁止され、エンターテインメントにも様々な制限が設けられた戦時中。戦争が終わって3年、ようやくスズ子は自由に歌って踊れるようになり、その姿は多くの人々に生きる勇気と希望を与えた。しかし、戦争の傷跡はまだ至るところに生々しく残っており、その日一日を生きるだけで精一杯という人も多い。パンパンガールはもとより、スズ子が街中で何度も遭遇している靴磨きの少年・達彦(蒼昴)もそう。山下は、わざと水溜りをつくり、道行く人に足を突っ込ませた上で交渉を持ちかける達彦を咎めるが、まだ幼い彼がそうした悪知恵を働かせざるを得ない厳しい現実がある。真っ当な商売だけじゃ食べていけないのだ。

 スズ子はそのことを十分に理解している。だが、実際に苦しい身の上の人からしてみれば、「東京ブギウギ」を戦後復興を象徴する楽曲としてもてはやす世間は自分たちの存在を無視しているように思えるのかもしれないし、それをノリノリで歌うスズ子のこともお気楽に見えるのかもしれない。「福来スズ子は“ブギの女王”として戦後を明るく照らしました」で終わらないところに、この物語の誠実さを感じる。

 今回、達彦の母親として再登場となったタイ子(藤間爽子)。スズ子のかつての親友である彼女が「東京ブギウギ」を嫌う理由も気になるところだ。

 一方で、私たちはスズ子がとてつもなく波乱万丈な人生を送ってきたこと。多くの苦難や悲しみを乗り越えてきたからこそ、今の彼女があることを知っている。それを知っているか否かでは、スズ子が軽快に歌い上げる〈心ズキズキ ワクワク〉というフレーズも聴こえ方が変わってくるだろう。
(文=苫とり子)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル