top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

竹中平蔵「バブルは言い過ぎと思う」 今の株高は日本経済の実力? “バブル後最高値”の今後は

ABEMA TIMES

 年明けから続く日本株の上昇。9日、日経平均株価は一時3万7000円台をつけ、バブル期以降の最高値を約34年ぶりに更新した。

【映像】トヨタ32位 世界の時価総額ランキング

 今年から新NISAが始まり投資への興味が高まっているが、一方で、30年前のバブル崩壊を引き合いに出し警戒感を示す声も。また、日本最大の労働組合・連合の芳野友子会長は「指標としての株価と生活実感の乖離が実際のところあり、国民の経済に対するマインドが行き場を失ったのではないか」と話している。

 今の株高は日本経済が持つ実力なのか。それとも一時のバブルなのか。『ABEMA Prime』で投資のエキスパートと経済学者を交え議論した。

 経済学者で慶大大学院教授の小幡績氏は、日本株は割安の段階は過ぎ、中国から手を引いた外国人が日本にシフト、新NISAの影響という要因も重なり、「すでにバブル状態」で10~20%の下落もあると見ている。

広告の後にも続きます

「新NISAが始まったこと、中国から逃げたお金が日本に向かっていること、この2つのストーリーは元々あったが、そこに短期の投資家が乗って仕掛けてきているのが1月から起きていることだ。私の言うバブルは水準とは関係なく、みんなが買っているから自分も乗ろうというもの。それが売るストーリーになれば、みんなも売り始める」

 一方、エコノミストでマネックスグループ専門役員のイェスパー・コール氏は「日本株の評価は低すぎる」という見立てだ。日本株は割安、経営者の意識改革・野心が旺盛、実は優良企業が多数あることを要因にあげ、今年4万円を突破し、来年は5万5000円という水準を見ている。

「日本国内の企業は去年、この20年間で最大の設備投資をしている。M&AやTOBも過去最高となると、新しい日本になっているということだ。プロの投資家は冷たい人間で、ストーリーではなく数字で見る。今は業績相場で、円安による輸出関連だけではなく、不動産やメディア、商社もすごく好調。日本はまだまだ割安感がある」

 これに小幡氏は「それも一種のストーリーだ。結局、最後は需給なのだが、その裏の理屈が業績というファクトに基づいていれば“簡単には崩れなさそうだな”となる。正しそうで多数が動かなさそうなストーリーであれば、みんなが信じ続けるのでそう簡単にはぶれないということだ」とコメント。

 経済学者で慶応大学名誉教授の竹中平蔵氏は「バブルだとか高すぎるというのは、言い過ぎだと思う」との見方を示す。

「この間のダボス会議でも強く感じたが、日本経済に対する期待は非常に大きい。1980年代にアメリカは日本の半導体を潰そうとしていたが、中国との対立の中で今度は強くしようとしている流れがある。もう1つ、去年1年間で日経平均は30%近く上がっているが、円が10%安くなっているので、ドル換算するとそこまで上がっていない。そういう意味で、今はバブルではないと思う。ただ、ストーリーも重要で、“NISAでみんなイケイケ”というのは気をつけないといけない。それが今の私の認識だ」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル