top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ラーメン店の廃業が過去最多 “1杯1000円の壁”?なぜ値上げ難しい? コストカットで価格維持する店長「庶民の食べ物だと思っている」

ABEMA TIMES

 飲食業界を長年取材する経済ジャーナリストの高井尚之氏は「平成も令和も、ランチは1000円に心理的な壁がある」とした上で、「ラーメンとカレーチェーン店は少し似ている。どちらも国民食で、カレーにはレトルトやルー、ラーメンにはカップ麺や袋麺があり、値段が上がると“違う味だけど自分で作っちゃおう”となる。また、日本の食は汁物文化と言われる。うどんやそば、みそ汁もそうだが、価格面も含めて身近でいてほしいという思いがある」との見方を示す。

 キャッシュレス決済に対応すれば、お釣りなどを気にせず値上げもしやすいのではないか。これに対しては「データとしてはっきりと出ているわけではないが、キャッシュレスに対応しているラーメン屋は、(単価)1000円を超える傾向がある」とコメント。

 前井さんは「キャッシュレス化するのにWi-Fiなどのシステム投資が必要になる。また、人が対応して決済しないといけないので、結局人件費かかってしまう。そこは券売機のほうが優秀だ」と説明した。

 広島市の「鶏soba 鶏真 〜KEIMA〜」では、鶏白湯ラーメンを850円から1000円、さらに1200円へと値上げしている。もともと低賃金・長時間労働で我慢する前提の価格設定だったが、値上げしたことで従業員の働き方が改善され、業者も喜んだという。「技術料上乗せで客に納得して食べてもらうのが大切」と店側は話している。

 こうした取り組みを受け、改めて値上げへの考えを問われた前井さんは「うちが仮に今1200円にしたとすると、全部ガラリと変えなければいけない。トッピングを豪華にして、牡蠣やホタテを使ってもいいが、それを食べるのは地元の方ではなく、観光のお客様。そうしたことは他のお店でもやっている」と答えた。

広告の後にも続きます

 ネット掲示板「2ちゃんねる」創設者のひろゆき氏は「例えば寿司業界は、高い店もあれば庶民の店もあって、回転寿司に対して“値段を上げよう”とはならない。ラーメンも一緒で、1杯3000円の高級店があれば、赤星さんのような500円の店もあるのが健全だと思う」との考えを述べた。(『ABEMA Prime』より)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル