top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『厨房のありす』明かされた新事実 “恋愛を超えた感情”を思わせる倖生のありすへの眼差し

Real Sound

『厨房のありす』©︎日本テレビ

 「人を幸せにする」と書いて、倖生(永瀬廉)。不器用だけどまっすぐなその優しさが、ありす(門脇麦)をまた幸せにした。

参考:『厨房のありす』ありすの母親は蒔子(木村多江)ではなかった 国仲涼子が実母役に

 ありすの店に、蒔子(木村多江)が突然訪ねてくるところから始まった『厨房のありす』(日本テレビ系)第4話。3歳から血の繋がりがない心護(大森南朋)に育てられたありすの母親の正体がついに明らかとなった。

 幼い頃から何度も家を訪ねてきては、その度に心護と言い争っていた蒔子のことを自分の母親と思い込んでいたありす。結論から言えば、彼女はありすの母親ではなかった。

 蒔子に事情を聞くため、弁当販売で五條製薬に潜入したありすと倖生。そこで2人は、蒔子の妹・未知子(国仲涼子)がありすの本当の母親であること、また彼女がすでに亡くなっていることを聞かされる。五條製薬の研究者だった未知子はありすのことが大好きで、毎日のように仕事場に連れてきていたが、不幸にも実験室での火事で逃げ遅れてしまったというのだ。

広告の後にも続きます

 ありすもその場に居合わせており、以前、倖生がボヤ騒ぎを起こした時に異様に怖がっていたのはそのためだった。だが、ありすにはそこからの記憶がない。心護もありすは奇跡的に助かったというが、その理由はこれまで分からずじまいだった。

 しかし、ありすの記憶が突如として蘇る。燃え盛るオフィスで、ありすをかばい棚の下敷きになってしまった未知子。パニックで泣きわめくありすを逃がすために彼女の相棒であるぬいぐるみのヘンリーを咄嗟に廊下へ投げた。未知子はありすが廊下に出たことを見届け、ホッとしたような笑顔を浮かべる。それは、ありすが母親に愛されていたことを証明する記憶。最後の最後まで未知子はありすがどうか幸せになってほしいと願っていたのだと思う。

 自分は母親に愛されていた。ありすがそのことに気づけたのは倖生のおかげだ。周りに好意があるのではないかと誤解されるほど、ありすが母親のことを知れるようにと一生懸命だった倖生。それは、実の親にも愛されなかった自分には、愛される資格も愛する資格もないと思い込むありすに自らを重ねていたからだった。

 倖生は父親が犯罪者で、ずっと後ろ指をさされる人生を送ってきたという。そのせいで職場の同僚から財布泥棒の濡れ衣を着せられたことも。倖生が店の通帳を失くしたことを言い出せなかったのも、常連客の子供を誘拐したと疑われ、否定しなかったのも、自分は誤解されるような人間という諦念がどこかにあったからだろう。だけど、ありすだけは自分を信じてくれた。自分にも人を幸せにすることができると思わせてくれた。だからこそ、そんなありすに自分を諦めてほしくなかったのだ。

「私も誰かを好きになって、幸せな気持ちにしたいです」

 そんなふうに思えるようになったありすに倖生は「俺も、そうしたいと思ってる」と返す。ありすを見つめる眼差しは優しく、もはや恋愛を超えた感情を思わせる。彼の中で幸せにしたい対象がありすになった瞬間だった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル