top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

竜星涼、『ACMA:GAME アクマゲーム』出演決定 間宮祥太朗と戦う天才ギャンブラー役に

Real Sound

『ACMA:GAME アクマゲーム』竜星涼

 間宮祥太朗が主演を務める4月期の日本テレビ系日曜ドラマ『ACMA:GAME アクマゲーム』の新キャストとして、竜星涼の出演が発表された。

参考:SixTONES 田中樹&古川琴音、『ACMA:GAME アクマゲーム』出演 間宮祥太朗の幼なじみに

 本作は、2013年から2017年にかけて『週刊少年マガジン』(講談社)に連載された、メーブ原作、恵広史作画の『ACMA:GAME』が原作。日本テレビが仕掛ける大型プロジェクト企画として実写化される。

 NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』で徹底的なダメ男のヒロインの兄を演じ、TBS日曜劇場『VIVANT』には公安警察に扮した竜星が本作で演じるのは、ファンキーなファッションに身を包むお調子者で、つかみどころがなく、「自分の人生を全力で楽しむ」という信条のもと、常にスリルを追い求める、原作でも人気を集めるキャラクターの上杉潜夜。アクマゲームの対戦では、天性のギャンブルセンスを発揮し、予測不能な言動で対戦相手を凌駕して数々の勝利を収めている超強者で、複数の「悪魔の鍵」を所有している。潜夜は、様々な人物の欲望を煽り、悪魔の鍵をめぐるバトルをかき回していく。敵か、味方か分からない、神出鬼没のミステリアスさが魅力のキャラクターだ。

 「悪魔の鍵」を集める織田照朝(間宮祥太朗)を発見した潜夜は、強い意志に突き動かされる照朝に興味をそそられて接近し、一触即発の事態に。潜夜の目的とは一体何なのか。そして、潜夜には、何か隠された壮絶な過去があるようだ。謎多き天才ギャンブラー潜夜が、照朝の前に立ちはだかる。

広告の後にも続きます

■竜星涼(上杉潜夜役)コメント
・出演オファーを受けた感想
日本テレビが勝負をかけた、すごいCGを使って挑む作品ときいてワクワクしました。
これまでもゲームを題材にした映像作品はたくさんあり、僕自身も見てきたり参加させていただいたこともありましたが、大勢と戦ったり、一対一のバトルだったりという作品は初めてだったので楽しみです。ゲーム作品の良さは、役者同士の手に汗握る攻防戦。まさにお芝居バトルのようで見ていてすごく楽しいですし、自分もそういう芝居をやりたいと思います。本当の意味で相手を疑ったり騙したり騙されたり、お芝居でそういったことに挑戦できる作品だなと思います。原作のしっかり構築されたゲームが魅力だと思うので、このゲームの面白さを生かしながらドラマ化するということで僕自身も非常に楽しみです。

・上杉潜夜役について
潜夜の最後まで敵なのか味方なのかわからない自由さ、どっちにころぶかわからない危うさは演じる上で最初から大切にしています。
潜夜も人間離れしているところがアニメキャラクターっぽいなと感じたので、演じる上でもアニメキャラクターっぽくしようと思い、普通の人が喋るときにはあまり表現しない動きだったりをあえて台詞の言いながら手の動きをわざとらしく大きくアクションするなどしました。そのちょっとオーバーなアクションが、よりキャラクター性を強め、見ている方に“なんだ、この人?”と、違和感を感じてほしいです。その違和感を僕自身も楽しみながら、この作品の中でピエロのような役回りになれればいいなと思います。

・視聴者へのメッセージ
潜夜は、原作も含めて、ヘアスタイルや衣装など、細部にまでみんなでアイディアを出しながら凝って作り上げたキャラクターなので、僕の中でもイマジネーションが沸いて、いろんなアイディアを出して、たくさんの想いや設定を詰め込みました。細かな部分までこだわって演じているので、そういった部分を見て楽しんでいただきたいです。
(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル