top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】

サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

【巨人】戸郷翔征、大城卓三バッテリーが揃って大台突破 世代交代の気配漂う2024年俸ランキング

SPAIA

菅野智之が3年連続1億円以上ダウン

昨季2年連続の4位に沈み、今季から阿部慎之助新監督が指揮を執る巨人。オフの契約更改では、タイトルを獲得し大幅アップを勝ち取った選手がいた一方で、期待外れの成績に終わり1億円以上の大幅ダウンとなった選手もいるなど、明暗が分かれる形となった。

そんな巨人の外国人選手を除く2024年の年俸ランキングトップ10は以下の通り(金額は推定)。

■2024年 巨人年俸ランキングトップ10

1位 坂本勇人 6億円(±0)
2位 岡本和真 4億2000万円(1億5000万△)
3位 菅野智之 4億円(1億▼)
4位 丸佳浩  2億8000万円(1億7000万▼)
5位 梶谷隆幸 2億円(±0)
6位 戸郷翔征 1億8000万円(9000万△)
7位 大城卓三 1億3000万円(5000万△)
8位 高梨雄平 1億2000万円(1000万△)
9位 中川皓太 1億円(2500万△)
10位 吉川尚輝 9000万円(2000万△)

※()内は前年比

トップは6億円で現状維持の坂本勇人。昨季はケガの影響で序盤こそ状態が上がらなかったが、徐々に本来の調子を取り戻し、116試合に出場。打率.288、22本塁打、60打点と、不調に終わった前年の数字をすべて上回った。

複数年契約の最終年となる今季は、身体への負担を考慮されてサードへ本格転向。新たなポジションで持ち前の打棒復活、そして4年ぶりのリーグ優勝へ全精力を注ぐ。

2位は4億2000万円で岡本和真。昨年は3月のWBCで日本代表として世界一を成し遂げると、主将として迎えたシーズンでも140試合に出場して打率.278、両リーグ最多の41本塁打、93打点を記録。自身3度目の本塁打王に輝き、昨年から1億5000万円の大幅アップを勝ち取った。今季も不動の4番として打線をけん引する。

3位は4億円で菅野智之。昨季は右肘の張りなどで出遅れた影響もあり、14試合に先発して4勝8敗、防御率3.36と振るわず1億円ダウンとなった。これで2021年の年俸8億円から3年連続で1億円以上ダウンしている。今季は万全の状態で1年間通じて先発ローテを守り抜きたい。

戸郷翔征は倍増で大台突破

4位は丸佳浩で2億8000万円。昨年から1億7000万円ダウンと球団内では1番大きな下げ幅となった。昨季は11年ぶりに規定打席に到達できず、121試合の出場で打率.244、18本塁打、47打点。広島から加入後では自己ワーストの成績だった。新たに変動制の2年契約を結んだ今季は、復活を期す1年となる。

5位は2億円で現状維持の梶谷隆幸。育成選手として再出発した昨季は開幕直前に支配下へ復帰。開幕一軍入りして1年9カ月ぶりに一軍出場を果たすなど102試合に出場し、打率.275、2本塁打、19打点をマークした。4年契約最終年となる今季も外野レギュラー争いを勝ち抜き、完全復活をアピールしたい。

6位には1億8000万円で戸郷翔征が入った。昨年の9000万円から倍増で、球団の高卒投手としては最速となる6年目での大台突破となった。岡本ともに3月のWBCで世界一を経験した右腕は昨季、24試合に登板して自己最多タイの12勝(5敗)を挙げ、リーグ4位の防御率2.38をマークした。今季もエースとしてフル回転し、チームを優勝へと導きたい。

7位は大城卓三で1億3000万円。昨季は自己最多の134試合に出場し、打率.281、16本塁打、55打点。いずれもキャリアハイの数字を残し、昨年から5000万円アップで1億円の大台を突破。選手会長にも就任した今季はさらなる飛躍の年としたい。

1億円プレーヤーは9人に

8位は1億2000万円で高梨雄平。昨季はチーム最多の55試合に登板して2勝1敗、防御率4.19の成績で、昨年から1000万円アップとなった。3年連続50試合以上に登板している鉄腕には、今季もチームのピンチを救う活躍が期待される。

9位は1億円で中川皓太。昨季5月に腰痛から2年ぶりに一軍へ復帰し、44試合に登板。大勢離脱後に守護神を任されるなど1勝4敗14セーブ17ホールド、防御率2.08を記録した。2500万円アップで9年目にして大台に到達。今季は開幕から勝ちパターン入りし、完全復活を印象付けたい。

10位は9000万円で吉川尚輝。昨季は132試合に出場して打率.256、7本塁打、36打点をマーク。2年連続で規定打席に到達し、2000万円アップとなった。今季はセカンドのレギュラーとして攻守に躍動し、自身初の全試合出場を果たしたい。

戸郷、大城、中川の3人が1億円に到達し、1億円プレーヤーは昨年から1人増え9人となった。秋広優人が2620万円アップの年俸3250万円、遊撃レギュラー筆頭候補の門脇誠は2260万円アップの同3100万円と活きのいい若手もでてきた。今季一気に世代交代が進むのかにも注目だ。

【関連記事】
・【阪神】佐藤輝明ら3人が大台突破、1億円プレーヤーは球団最多タイ10人 2024年の年俸ランキング
・【DeNA】牧秀悟が4年目の球界史上最高額更新、東克樹も約4倍増で大台突破 2024年俸ランキング
・ 2024年プロ野球年俸ランキング 大型契約選手が上位独占、FA移籍2年目迎える2人がジャンプアップ

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル