top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

山手線で寝続けたら何周目で起こされる? YouTuber三納物語が検証

yutura

三納物語」(登録者数54万人)がYouTubeチャンネルにて「山手線で始発から終電まで寝続けたらどこで起こされるのか?」と題した検証動画を公開しました。

山手線で始発から寝続けたらどこで起こされるの?

三納物語の「ばなな」は、YouTube動画の企画力に定評がある人物です。主に発想力と行動力を活かした“やってみた系”のYouTuberらしい企画や、体力を要する耐久企画に挑戦しており、型破りな性格でも知られています。

そんな三納物語は今月6日、YouTubeチャンネルを更新。「山手線で始発から終電まで寝続けたらどこで起こされるのか?」の検証動画を公開しました。ふつうは電車で寝過ごすと、終点で駅員に起こされるもの。しかしJRの山手線は、東京都心部をぐるっと一周するように運行されています。三納物語は「終点がなかったら起こされない」「だって起きる必要がないわけだから」と語ります。

早朝4時50分、パジャマ姿で秋葉原駅に到着した三納物語は、始発電車に乗り込み検証を開始しました。

始発から終電、山手線を18周半

乗車してすぐ眠りにつく三納物語。そのまま山手線で都心をぐるぐる回り続けます。5時間が経過した時点で「バッキバキよね。体が」「まだ寝れるけど、痛くて起きる」と、寝心地の悪さを訴えました。

広告の後にも続きます

午前9時、通勤ラッシュとなっても順調に眠り続けた三納物語ですが、10時間が経過したところで、乗っていた車両が車庫に入ることに。駅係員によると「初電から終電まで走ってる電車はありえない」のだといい、そもそも始発から終電まで回らないといいます。

下車を余儀なくされた三納物語は、違う車両に乗り込み企画を再開。雪の影響で緊急停止するなどトラブルがありつつも、誰にも起こされることなく、ついに終電の時間が訪れます。

始発からまで乗車し続けた三納物語。合計で山手線を18周半したという驚きの記録を報告し、「最後まで起こされないし怒られない」という結果で動画を終了しました。

1日電車に乗り続けた三納物語ですが、気になるのはその電車賃。本来は「1周回ると隣の駅の2倍」の運賃が発生するそうですが、三納物語は山手線の「1日乗車券(フリーパス)」を購入していたため、追加料金の発生は無し。駅員にも確認した上で、ルール的にも「大丈夫全然」としています。コメント欄では

フリーパスで炎上防ぐの完璧すぎる

三納だけずっと昔のyoutube企画やっててさすがすぎる笑 ブレへん三納が大好きwww

いつまでも視聴者心をくすぐる三納が大好き

など、動画のクオリティや三納物語の立ち回りを称賛する声が集まりました。

再生
 
   

ランキング(動画)

ジャンル