top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

芸能界「性の闇」をあぶり出す!(1)宮沢りえ、加藤綾子が受けたセクハラ被害

アサ芸Biz

「古きよき時代」なんてよくゾ言ったもの。芸能界では今も昔もセクハラの悪習が後を絶たない。権力を盾に女性有名人が被害に遭った「猥褻事件簿」をプレイバック。

 芸能界では仕事のために体を売る「枕営業」が横行し、旧態依然の悪習は解消されることなく、多くの女性芸能人を悩ませてきた。

 松本の性加害疑惑により、「枕営業告発」が改めて注目されたているのが、モデルのマリエ(36)だ。
 
 21年4月に自身のインスタグラムのライブ配信で、

「18歳の頃、番組の打ち上げの席で島田紳助(67)に体の関係を求められた」

「同席した出川哲朗(59)からも『いいじゃん。紳助さんとやりなよ』と煽られた」

広告の後にも続きます

 と、暴露したのだ。

 この動画がネット上で拡散されると、出川は「僕は100%言ってません」と、完全否定。SNS上では、蒸し返したマリエに批判の矛先が向かった。

「当初は暴露本を刊行する段取りでしたが、風向きが変わったことで立ち消えになった。都議選に出馬予定だった母親も、取りやめる事態に発展。今後、同情の声が大きくなれば、沈黙を守っているマリエが反撃に出るかもしれません」(スポーツ紙芸能デスク)

 一方、トップ女優の宮沢りえ(50)は、初出場した90年の「第41回NHK紅白歌合戦」でまさかのわいせつ被害に見舞われた。古参の芸能記者が述懐する。

「紅白で史上初の“入浴シーン”を披露して話題になったのですが、この本番の最中に、ディレクターがボディコン姿のヒップにタッチしていたんです。それが発覚したのは、翌年の5月頃のこと。りえが『またあの(スタッフ)チームと一緒じゃ紅白に出たくない』とポツリ。事情を聞いたところ、『しり撫で事件』が業界内で知れ渡ったのです」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル