top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

EXIT、「2023年内に登録者100万人」の目標未到達によりチャンネル終了を宣言→「AI EXIT」が乗っ取る?

yutura

2月10日、「EXIT」(登録者数73万人)がYouTubeを更新し、チャンネル自体を終了することを報告しました。

終了する経緯を“AI”が説明

この日、動画には、昨年開発されたAIりんたろー。、通称“リンタロイド”と、同じくAI化された“かねちAI”の2人が画面に登場。本物のEXITへメッセージする形で進められました。

リンタロイドは同じく昨年初頭の時点で、チャンネル登録者数が今と変わらない73万人だったと明かしながら、「100万人に到達しなかったら『チャンネル辞める?』って言ったよな?」と、“本物EXIT”へ投げかけました。

「それが1年経って、全く登録者数変わらず、73万人とはどういうことだ?」と不甲斐なさを嘆きました。その上で「ということで、お前ら人間EXITにはこのチャンネルを辞めてもらって、2024年からはAI EXITがこのチャンネルを乗っ取りまぁぁぁす」と、なぜか語尾を伸ばして宣言。

リンタロイドより、はるかに本人に近い表情や動きをする“かねちAI”は、新たなチャンネル名として「イグジットチャランネルになります。PON、PON!」と、本人と変わらない調子で反旗を翻しました。

AIがEXITの芸人としての腕を試す

広告の後にも続きます

続けてリンタロイドは「まぁ今後、お前たちは俺たちの“バーター”として新しいチャンネルでコキ使ってやるから安心しろ」と、マウントを取ります。かねちAIも「(お前たちは俺たちと)芸人としての能力はほぼ互角なんだぞ」と言いながら、いきなり、本物のりんたろー。に「こんなAIはイヤだ」という大喜利問題を出題。これに本物のりんたろー。は「語尾が『まぁぁぁす』と伸ばす」と回答し、リンタロイドを逆にイジりにかかりました。

一方、リンタロイドの答えは「加齢臭がする」。これにりんたろー。は「答え方が似てる!」と、AIの再現性の高さに感心していましたが、リンタロイドは「俺たちの力で100万人いかせてやるから楽しみにしててくれ!」と、相変わらず上から目線で、乗っ取りを画策。

また、この大喜利の実力に、兼近は「はっきり言ってお前らがやったほうが伸びるだろうなとは思ったよ」と負けを認めつつ、「しょせんAIの範囲内を超えてきていないとは思ったよとは俺も思ったけどね」と負け惜しみ。「ってか本気出せば、別アカウント作って、お前らなんか簡単に超えられるからな!」と対抗心をあらわにしました。

AI EXITにやらせたいこと

この後、AI EXITにやってほしいことについて話し合った本人たち。「歌ってもらう」「ひたすらエピソードトークさせる」といったアイディアが飛び出る中、兼近は「あらゆることに全部謝る『謝罪屋さん』。謝る男、シャーマンとして活動してほしい」とリクエスト。「みんなすぐ謝らせたいじゃん」と最近の世の中の風潮を挙げながら、「世の中のなんでもないこととか、ちょっとしたことに、ひたすら緊急で動画を回して謝罪させたい」と要望。最終的には、「あ~い とぃまて~ん」の謝罪フレーズで知られる芸人・ですよ。とコラボしたいと願い出ました。りんたろー。は、リンタロイドのクオリティを上げたいと苦笑しながら、本音を吐露しました。

こうして「AI EXIT」にチャンネルを乗っ取られたという形で、幕引きを報告したEXIT。今後の展開としては、AI EXITが先に主張していたように、彼らがメインとなり、EXITがバーターで出演することに含みを持たせていました。

コメント欄には、

お二人のChrannel大好きだったので凄く寂しいです、AIに呼びだされるのを楽しみに待っています

本人達のチャンネルが終わっても今までの動画は消さずに残して欲しいです

EXITに、EXIT Charannel に癒やされ、色々な場面や心境の時に救われてきました。終わってしまうのは残念ですが、いつでも観れるように残しておいてほしいです

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(動画)

ジャンル