top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

芸能界「性上納の闇」をあぶり出す!(1)3時間の複数プレイの後「週刊誌には絶対売るな」

アサ芸Biz

 性加害疑惑を報じた「週刊文春」との法廷闘争に専念するため、芸能活動を休止中のダウンタウン松本人志(60)。決着には数年かかると言われるが、芸能ジャーナリストの佐々木博之氏はこう解説する。

「今後の裁判では、『性加害』に該当するような事実はあったのか、性行為自体の有無も含めて争点になってきます。しかし、松本側が勝ったとしても、『週刊文春』が報じたように、後輩芸人たちが女性を“献上”する上納システムを作ったというイメージは払拭できるとは思えません。こんな気持ち悪いことをしていた人をテレビで見たくない、というのが普通の感覚。本人が引退宣言する以前に、スポンサーに配慮したテレビ局が起用しにくいでしょう」

 一連の報道後、疑心暗鬼になった芸能界では変化が起きていた。

 元女優の若林志穂(52)はXで、大物ミュージシャン「N」から性暴力被害を受けていたことを告発。お笑いコンビ「プラス・マイナス」の岩橋良昌(45)もXで、ダウンタウン浜田雅功(60)の番組に関わっている制作会社社長の名前を出して、パワハラ被害を明かした(現在は削除)。

 佐々木氏は関係者のあわてぶりについて、

広告の後にも続きます

「各週刊誌には松本以外にも、芸人から『強要の被害にあった』と、持ち込むケースが増えています。次は自分の番なのか、心当たりのある芸人は戦々恐々としているはず」

 さかのぼってみれば、これまで本誌では、芸能人の「性の闇」について数多く報じている。その中でも、“松本ファミリー”の乱れっぷりは有名だった。

 週刊アサヒ芸能01年5月10日号では、ダウンタウンと長く共演経験のあるY、そしてお笑いコンビ「K」のTの手口を公開。ナンパから複数プレイに持ち込まれたというフリーターの吉野清美さん(仮名)が赤裸々に語っている─。

 東京・杉並区のファミリーレストランで友達と一緒にいたところ声をかけられ、4人で五反田のラブホテル「H」に直行。すると2人は、慣れた様子で2部屋にチェックインするも、4人で1つの部屋を使い、みんなで浴室に入りプレイに及んだという。

 そして、吉野さんは友人とともに、2人の芸人を相手に行為を重ねた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル