top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

“アクションの天才”イ・ドンウクが真骨頂発揮「カッコよすぎる」「半端なく強い」の声<殺し屋たちの店 最終回>

WEBザテレビジョン

叔父ジンマン(イ・ドンウク)亡き後、殺し屋集団から突然命を狙われることになった主人公・ジアン(キム・へジュン)のサバイバルを描く韓国ドラマ「殺し屋たちの店」の最終週、第7、8話の配信が2月7日にスタートした。時間を巻き戻し、ジンマンの視点からすべてが明かされる展開にくぎ付けになる視聴者が続出。ラストシーンまであっと驚く展開の連続で、続編を期待する声も上がっている。(以下、ネタバレがあります)

■ジンマンの視点から描かれた“あの日”

叔父ジンマンから“殺し屋御用達のオンライン兵器販売サイト”を遺産として引き継ぐことになった女子大生ジアンの生き残りを懸けた戦いを描く「殺し屋たちの店」。「コネクト」(2022年)の若手実力派・へジュンと「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(2016年)の死神役で日本でも人気の高い俳優・ドンウクがメインキャストを務めるディズニープラス「スター」オリジナルシリーズだ。

ジンマンの傭兵時代、ベイル(チョ・ハンソン)との因縁が描かれた5、6話を踏まえ、7話では10年前にジンマンと幼いジアンが直面した出来事があらためてジンマンの視点で描かれた。


■10年前の真実…“ホンダさん”に注目集まる

ジアンの両親が殺され、ジンマンがジアンを守ると心に決めたあの日、本当は何があったのか。1、2話でジアンの視点から描かれた出来事の“裏側”が明らかになると、視聴者からは衝撃の声が続出した。

「これが“伏線回収”というやつか」「鳥肌が立った」「演出が秀逸」「裏側を知ってジンマンの最強っぷりがよくわかった」「なにこれめちゃくちゃ面白い」など…。幼いジアン(アン・セビン)を守るため駆け付けたホンダ(パク・ジョンウ)も「あのホンダ役の俳優さん誰!?かっこよすぎる!!」「ホンダ役の方のお名前が知りたい」「ホンダさん…涙」と注目を集めた。

中には「全部知ったうえで1話からもう一度見返した」という視聴者も。伏線のちりばめられた良質な推理小説をもう一度読み返すように本作を楽しんだ視聴者も少なくないようだ。

■接近戦アクションもクライマックス!

そして最終回の第8話では、兵器販売サイトを守るため命懸けで戦うジアンと仲間たちの姿が視聴者を魅了した。

ミンへ(クム・ヘナ)と5話で戻ってきたパーシン(キム・ミン)の過去のエピソードや、得体の知れない男“ブラザー”(イ・テヨン)が果たしていた役割、そして彼らと無敵の男・ジンマンの絆。彼らが命を懸けてジアンを守る本当の理由が判明したところで、4人が立てこもる家に殺し屋軍団のリーダー格・ソンジョ(ソ・ヒョヌ)が突入し、最終決戦へ…。息もつかせぬ展開で視聴者を魅了した。

出演陣が苦戦したと打ち明けていた接近戦アクションも見ごたえたっぷり。立てこもった4人と殺し屋たちの死闘もさることながら、ドンウク自身も印象深いアクションシーンに挙げていた10年前のジンマンの遺体安置室での臨場感あふれる接近戦もあらためて登場。アクションの天才・ドンウクの真骨頂ともいえるシーンに、視聴者からも「カッコよすぎる」「ジンマンさすがリーダー。半端なく強い」といった声が上がった。


■ラスト1分まで見逃せない新事実が…

最終話のラスト1分まで驚きの新事実が用意され、視聴者に息つく暇を与えなかった「殺し屋たちの店」全8話のストーリー。最終週の配信開始を待ちかねたファンからは、早くも「これ、続編あるよね?」「原作も2巻があるようだし、シーズン2ぜひお願いします」「シーズン2見ないと終われない!」と続編を期待する声も上がっている。

叔父ジンマンの“遺産”を引き継いだことによって殺し屋たちに命を狙われる姪ジアンの壮絶な一日を描いた「殺し屋たちの店」は現在、ディズニープラス「スター」で全話独占配信中。

◆文=ザテレビジョンドラマ部



 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル