top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

柴犬が、散歩帰りに『毛玉』を発見し…? その正体に「本当によかった」「感動」

grape [グレイプ]

柴犬の、もみじちゃんと暮らしている、さぼてん(@MishLichia)さん。

2022年の掲載当時、X(Twitter)に結婚記念日のエピソードを投稿し、多くの人の心を温めました。

同日、18回目の結婚記念日を迎えた、さぼてんさん夫婦。

夫婦で旅行に出かけることも検討しましたが、あえて何もせずに過ごそうと決め、普段通りに朝から愛犬の散歩に出かけたといいます。

散歩から帰ると、愛犬が毛玉のようなものを見つけ…?

散歩が終わり、自宅マンションの敷地に戻ってきた時のこと。

広告の後にも続きます

敷地内で、もみじちゃんが毛玉のようなものを発見しました。

もみじちゃんは、毛玉のようなものを、しきりに気にします。

さぼてんさんが毛玉のようなものの正体を確認すると…なんと、ハムスターでした。

ハムスターは、とても弱っていて、浅く呼吸をするだけで、ピクリとも動かなかったそうです。

その後、さぼてんさんはハムスターを保護しました。

ハムスターの様子から「保護をしたものの、ダメかもしれない」と思ったという、さぼてんさん。

ハムスターは長時間、野外でうずくまっていたようで、体のいたるところにフンが付着していたといいます。

さぼてんさん夫婦は「できることはしてあげよう」と、ハムスターの体を優しく拭いてあげました。

すると、鼻の周りをぬぐった瞬間、ハムスターが小さな鳴き声を上げたといいます。

その声を聞いて、さぼてんさん夫婦は「助かるかもしれない」と希望を感じ、ハムスターの世話を続けました。

弱っていたハムスターが、奇跡的に回復!

ハムスターを保護して、4時間半が経過した頃。ピクリとも動かなかったハムスターが、ご飯を食べられるほど回復したのです!

その姿がこちら。

その後、さぼてんさん夫婦は、保護したハムスターについての貼り紙を作成し、近所で飼い主を探したものの、誰からも連絡はなかったといいます。

「飼い主が現れるまでは、うちでお世話しよう」と決めた、さぼてんさん夫婦。

早速、ペットショップでハムスターの飼育用品を買いそろえました。

心優しい夫婦に保護されたハムスターの表情は、どこかホッとしているように見えますね。

18回目の結婚記念日に、予期せぬ出会いをした、さぼてんさん夫婦。

ハムスターと出会ったことについて、このようにつづっています。

もしどこかに出掛けていたら、帰宅後、悲しい発見になっていたかもしれません。

引き合わせてくれた、愛犬に感謝です。

忘れられない結婚記念日になりました。

その後、ハムスターは日に日に体力を取り戻し、元気に暮らせるように。

さぼてんさん夫婦は「人と命をつなぐ」の意味を込めて、ハムスターにツナグくんと名付けました。

元気になったツナグくんの様子

元気になったツナグくんの様子

2年以上が経過した、2024年2月現在、ハムスターを見つけた柴犬のもみじちゃんは12歳になり、元気に暮らしているそうです。

ツナグくんは、出会いから1年ほど、家族の一員として元気に暮らしていましたが、2023年5月に、虹の橋を渡ったといいます。

結婚記念日という特別な1日に、もみじちゃんが発見してから、さぼてんさん夫婦のもとで、生をまっとうしたツナグくん。

ツナグくんはもちろん、さぼてんさん家族にとっても、かけがえのない幸せな時間だったことでしょう。

grape HIT(グレイプ ヒット)
ウェブメディア『grape』で、過去に多くの共感を得た記事や反響の大きかった投稿を再構成してお届けしています。


[文・構成/grape編集部]

出典 @MishLichia
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル