top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「不適切にもほどがある!」 「昭和のテレビはお色気。令和のテレビはけん玉と演歌。令和のテレビがつまんねーわけだ」「本当に“八嶋無双”だった」

エンタメOVO

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第3話が、9日に放送された。

 本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和の停滞した空気をかき回す、意識低い系のタイムスリップコメディー。脚本は宮藤官九郎。(*以下、ネタバレあり)

 昭和に戻ってきた市郎は、何ごともなかったかのように純子(河合優実)たちが待つ家に帰宅する。一方、市郎が突然姿を消した令和では、渚(仲里依紗)と秋津(磯村勇斗)が、市郎の身を心配していた。

 市郎が消えて2日、喫茶「SCANDAL」では、渚と秋津がサカエ(吉田羊)の元夫でタイムマシン開発者の井上昌和(三宅弘城)と向かい合っていた。井上からタイムマシンの開発秘話などを聞いていると、渚のスマホに昭和にいる市郎から着信が入る。すると井上は、過去を改ざんすると未来が変わってしまう“タイムパラドックス”の危険性を語り始める。

 そんな中、純子がバラエティー番組へ出演すると言い出す。未成年は保護者同伴ということで、市郎やサカエもスタジオへ同行することに。一方、令和では、渚が先輩プロデューサーの栗田一也(山本耕史)の担当番組で起こった一大スキャンダルに巻き込まれてしまう。

広告の後にも続きます

 放送終了後、SNS上には、「相変わらず見事なクドカンの脚本。ロバートの秋山と山本耕史、そして八嶋智人を適材適所に使って、昭和の深夜番組と令和の情報番組の対比をしているのが最高」「テレビ番組の描写がすご過ぎて、キヨシ(坂元愛登)が父親と友達になったことや、市郎と渚との関係の謎とか、タイムパラドックスの部分がかすんでしまう」「昭和のテレビはお色気。令和のテレビはけん玉と演歌。そりゃ令和のテレビがつまんねーわけだ」といった声が上がった。

 また、ゲストで登場した八嶋と秋山については、「何で八嶋智人にあんなに謝罪させるんだろうと思ったら、昭和パートの不適切を令和パートで謝罪する構成になっていて、思わず『うまい!』って言ってしまった」「八嶋さん大活躍過ぎて面白いし、舞台の宣伝まで。さすが」「今日ほど八嶋さんがかっこよく見えた日はない」「本当に“八嶋無双”だった」「ズッキー(秋山)とケーシー高峰をだぶらせてしまった」といったコメントが見られた。

 さらに恒例のミュージカルシーンについては、「だんだんミュージカルシーンを楽しみにしている自分がいる」「セクシャルハラスメントとちょっと語感が似ている『セクシャルバイオレットNo.1』からの『ボヘミアン・ラプソディ』が最高!」などの意見も。

 そして、「めちゃ楽しかったけど感動なところも。接近したら静電気のバチバチなんてある? 来週の『もしかして付き合っちゃいけないの』って予告。互いに好き同士でも付き合えないのかって思うとつらいかも」といった、謎めいた次週の予告についてのコメントもあった。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル