top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】

サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

大引啓次氏が関メディベースボール学院中等部の臨時コーチ就任、坂口智隆氏とヤクルト1、2番コンビで指導

SPAIA

オリックス、日本ハム、ヤクルトで通算1004安打

プロ野球のオリックス、日本ハム、ヤクルトで活躍した大引啓次氏(39)が兵庫県西宮市の野球専門校「関メディベースボール学院」中等部の臨時コーチに就任することが10日、分かった。3月から月に数回、同学院の練習を訪れ、中学生を指導する。

大引氏は大阪出身で、浪速高時代にセンバツ出場。法政大では2度の首位打者に輝き、現在も東京六大学リーグ歴代5位にランクされる通算121安打をマークした。

2006年大学生・社会人ドラフト3巡目でオリックス入りし、シュアな打撃と堅い内野守備で活躍。2013年に糸井嘉男、八木智哉との交換トレードで、木佐貫洋、赤田将吾とともに日本ハムに移籍し、2014年オフにはFA宣言してヤクルトに移籍した。

2019年に引退するまで通算1288試合に出場して1004安打、48本塁打、356打点、67盗塁、打率.251。プレーヤーとしてはもちろん、高校、大学で主将を務め、プロでもオリックスで選手会長、日本ハムで主将を務めたキャプテンシーの持ち主として高く評価されていた。

引退後は2020年に日本ハムの特別研修コーチとしてテキサス・レンジャーズに派遣され、2021年からは日本体育大学大学院に入学してコーチングを学びながら、硬式野球部のコーチとして指導している。

井戸伸年総監督も敬意を示す学び続ける姿勢

関メディ中等部は昨年4月にヤングリーグからポニーリーグに転籍。3月に行われたヤングリーグの第31回春季大会優勝に続いて、7月に行われたポニーリーグの第49回全日本選手権大会も制し、異例の2リーグで同一年度に全国制覇を果たした。12月には第11回育成会ドリームカップでも優勝するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで注目度が高まっている。

同学院では大引氏と同い年の坂口智隆氏も臨時コーチとして指導。奇しくもヤクルトで1、2番コンビを組んだ両雄が指導者として再び同じチームに身を置くことになった。

井戸伸年総監督は「内野守備は超一流だし、今も大学院に通って学び続ける姿勢は人としても尊敬できます。キャプテンシーがあり、アメリカに行ってメジャーリーグも見ているので、子供たちにとっては最高の指導者となるでしょう」と期待のコメント。佐藤義則氏ら豪華コーチ陣を誇る同学院にまた一人、大物が加わる。

【関連記事】
・関メディベースボール学院中等部で「幹部総選挙」実施、250人の前で演説させる狙いとは?
・中学野球で異例の女性監督誕生!関メディ中等部・小西美加新監督が奮闘中
・関メディベースボール学院中等部がポニーリーグに転籍、井戸伸年総監督の狙いとは?

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル