top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

松本人志 超VIP「ハワイ隠遁生活」をスッパ抜く!(1)大物の助言で購入済みの「高級コンドミニアム」を生活の拠点に

アサ芸プラス

 お笑い界の頂点に君臨し続けたダウンタウンの松本人志(60)がついにテレビから姿を消した。過去の「性加害疑惑」が次々と明るみに出る中、当人はどこにいるのか。活動休止の舞台裏を探ると、驚愕の「日本脱出プラン」が浮上した。

 1月8日に吉本興業が松本の活動休止を発表して以降も、収録済みの番組は予定通りオンエアされてきたが、そのストックも尽きてしまった。

「1月31日に放送された人気番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)は、松本不在で進行。中居正広(51)と2人でMCを務めていた『まつもtoなかい』も2月4日の放送回から番組名も変更の上、代役を立てて放送しています。スポンサーも了承していて、違約金などはなし。テレビ的にはうまい幕引きでしたね」(民放関係者)

 メディアからフェイドアウトしても、疑惑追及の機運は弱まる気配はない。

「『週刊文春』をはじめ、各週刊誌には『私も性被害を受けた』という情報提供が毎日のように寄せられ、それらをすべて検証していくのは膨大な作業量。2月1日発売の『文春』では10人目の証言者として元セラピストの女性がマッサージ店での“暴挙”を告発しましたが、告発者は20人から30人にまで達しそうな勢い」(出版関係者)

広告の後にも続きます

 過熱する報道現場をよそに、松本は沈黙を続けている。960万人のフォロワーを擁するX(旧ツイッター)は1月9日の投稿を最後に更新されていない。

 芸能ライターが松本の近況を明かす。

「港区の高級マンションで籠城生活を送っているともっぱらです。内部にはスポーツジムもあり、コンシェルジュもいる。週刊誌に撮られるリスクを冒して外出する理由がないのです。ご家族を心配する声は多いと思いますが、妻や長女は日本のマスコミの手が及ばない場所にいます。今回の騒動も遠い国の出来事のように感じているのでは‥‥」

 そんな中で浮上したのが、「ハワイ移住説」だ。

「松本が何より毛嫌いしているのが週刊誌やネットメディア。取り巻きの後輩芸人たちとは連絡を取っていても、“憶測記事”が出るのを恐れて直接の接触は控えている様子。日本にいてもいいことはないので、いよいよハワイでの逃亡生活が現実味を帯びてきました。すでに“投資のプロ”と名高い大物の助言で物件を購入済み。そこに生活の拠点を移すと見られています」(芸能ライター)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル