top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

エスパー伊東の「高能力」でも見破れなかった「皇族詐欺」結婚パーティー/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

「実は両親に嘘をついてしまった。結婚披露宴の後、故郷の両親を喜ばせようと思って『皇室の婚礼に参加した』と伝えてしまったんです」

 正直なエスパーさんは、両親を騙してしまったのではないかと反省することしきりだったが、その後の取調べで逮捕されたこの女、ミス日本などではなく、「準ミス熊本」で、アナウンサーという肩書も「地元放送局で2次面接に残った」。

 その後、2度の結婚と離婚を繰り返して上京。神楽坂の神社で巫女をしていた時に、ニセ皇族を名乗る男と出会ったのだという。

 裁判で検察側は「皇族への畏敬を利用した大胆不敵な犯行。公判でも、被告人は『殿下』と呼び続けるなど、いっさい反省していないのは明らか」として、2人に懲役3年を求刑した。

 結局、2007年9月に、2人には懲役2年2カ月の実刑判決が下されている。「超能力」ではおこがましいと、「高能力」芸人を名乗っていたエスパーさんをしても見抜けない詐欺事件だったのである。

広告の後にも続きます

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル