top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

エスパー伊東の「高能力」でも見破れなかった「皇族詐欺」結婚パーティー/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 今年1月16日にてんかん重積により63歳という若さで亡くなった、お笑いタレントのエスパー伊東さんの葬儀・告別式が2月3日に、都内の斎場でしめやかに行われた。葬儀には、かつてエスパーさんが出演していたバラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」のメンバーやスタッフらも駆けつけ、多くの人々に見送られる中、旅立った。

 生前は芸能界以外での交友関係も広かったとされるエスパーさんだが、彼が結婚式などの余興で全国を飛び回っていた頃に巻き込まれたのが、有栖川宮詐欺事件だった。

 それは2003年4月6日のこと。東京・赤坂のカナダ大使館地下で開催されたパーティー会場にはエスパーさんのほか、石田純一やダイアモンド☆ユカイ、デーブ・スペクター夫人など、有名人がズラリ参列。この会場で行われたのが、「私は旧皇室の隠し子で宮家の後継者、有栖川宮識仁」と名乗る男と、自称「元モデル」「元ミス日本」「元テレビアナウンサー」といった経歴を持つ女の結婚披露宴だったのである。

 ところが半年後の10月、この2人は共犯の男とともに、出席した約400人からご祝儀1300万円を騙し取ったとする詐欺容疑で逮捕され、大騒ぎに。渦中のエスパーさんが囲み取材で一部始終を語ったのだが、その内容がいかにも詐欺っぽく、かつエスパーさんの生真面目さが出ていて、とても印象深いものだった。

 エスパーさんが知人のマジシャンの紹介で女と知り合ったのは、前年8月だ。後日、名刺交換した女から連絡があり「披露宴で芸をやってほしい」と依頼を受けた。

広告の後にも続きます

「でも、高松宮様の急逝があって流れたんだろうな、と思っていたんです」

 エスパーさんはそう振り返った。

 予定通りパーティーは開かれたものの、芸の披露は中止に。

「2人が軍服とドレス姿をお披露目しただけで、いっさい招待客と交わろうとしない」

 しかも、一緒に写真を撮るには料金1万円が別途必要だと言われたという。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル