top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

【京都記念】実力差がはっきりしているメンバー構成 京大競馬研の本命は巻き返し狙うプラダリア

SPAIA

これまでに使ったレースの格が問われる

2月11日(日)に京都競馬場で京都記念(GⅡ)が行われる。ダービー4着で前走チャレンジCを勝ったベラジオオペラ、エリザベス女王杯2着で近走安定しているルージュエヴァイユ、GⅡ・2勝馬で有馬記念から巻き返しを狙うプラダリア、昨年の京都記念で2着に入ったマテンロウレオが上位人気になりそうだ。

OP特別でよく見かける馬がいる一方、ドバイに行きそうなGⅠ馬が今年はおらず、少し手薄な印象は否めない。賞金を加算して大阪杯出走が各馬の目標になるだろう。GⅠへの切符を手に入れるのはどの馬か。


まずは阪神開催を含む過去10年の前走クラス別成績を調べた。昨年のドウデュースのように春GⅠの前哨戦として使ってくる陣営が多く、前走GⅠ組の成績が【5-4-6-21】、単勝回収率162%と優秀だ。特にプラダリアの該当する前走有馬記念【2-0-2-6】は着順を問わず巻き返しており、単勝回収率361%もあるため必ず押さえたい。

前走GⅢ組は【1-3-0-16】、馬券になった4頭全てが前走中山金杯からの参戦だ。正月に力を見せた馬がここでも上位にきており、その証拠に前走GⅢで掲示板外だった馬の成績は【0-0-0-7】と通用していない。GⅢで勝ち負け出来ない馬はここでも厳しいことが分かる。ベラジオオペラはGⅢを勝ってここに臨む点はいいが、前走チャレンジC組が【0-0-0-3】と結果が出ていないのは気になるところ。この不振データを覆すことは出来るだろうか。

ルージュエヴァイユの前走エリザベス女王杯組は【1-1-0-4】。複勝率33.3%と聞くと並程度に思われるが、複勝回収率が55%しかなく、馬券的には全く妙味がない。牡馬も軽々倒すほどの最強牝馬はジャパンCや天皇賞(秋)を使う。エリ女を使うことは、牡馬相手だと上位に入れないことの裏返しともいえるだろう。実際、2018年には前年のエリ女を勝ってここに臨んだモズカッチャンが同期のダービー馬らに後れを取っている。ルージュエヴァイユも牡馬混合GⅢでの善戦こそあれど、どう乗っても勝ち切れておらず、人気の牡馬2頭と比べると低めの評価をしないといけない。

その他OP特別組は【0-0-0-9】、3勝クラスからの昇級戦となった馬は【0-0-0-3】と通用していない。中距離GⅡ特有の「特別出走奨励金」目当ての出走も多く、馬券に組み込む必要はない。

配当妙味なし 順番を間違えずに

◎プラダリア
有馬記念は14着大敗だった。前で上手く粘れないかと思い印を回していたが、結果的には外枠の不利を覆せなかった。そもそも力不足だった印象もあり、得意の京都で相手が一気に軽くなることはプラスだ。忘れられがちだが一昨年のダービー5着馬で、宝塚記念も良く伸びて6着と、実績はベラジオオペラより上。前記の通り有馬記念からの参戦もプラスデータだ。勢いから1番人気をベラジオオペラに譲る格好になりそうだが、この相手なら無難に走っても勝てるはずだ。5歳世代のレベルの高さも信用したい。

◯ベラジオオペラ
チャレンジC1着からの参戦。GⅢを勝ち勢いもあるため買わざるを得ない。しかし4歳世代、特にダービー出走馬が古馬重賞で勝ち切れていない点が気になる。ダービー上位2頭は有馬記念で力負け、日経新春杯では5歳馬にまとめて一捻りされており、AJCCに至っては通用の気配さえ見えない大敗。筆者は昨年のダービーのレースレベルを疑っている(一昨年のレベルが高すぎた)。もちろん圧倒的な成長があれば今回も勝てるが、前走から2ヶ月での成長度合いは現状分からず。分からない部分にお金は出せないので、2番手評価まで。

▲ルージュエヴァイユ
エリザベス女王杯2着。展開や枠の有利を生かした結果で、あれ以上は見込めなかった。先述したように牡馬との戦いを避け、エリ女を使っている時点でマイナス。かつ東京の良馬場で末脚を発揮するのがベストな当馬にとって、荒れた京都の馬場はいいとは言えないだろう。前走も本命を打って頑張っていただけに応援したいが、勝ちきれるイメージはない。

マテンロウレオは札幌記念の大敗以降、ほどほどにしか走らなくなっている。メンタル不調が治るまでは様子見したい。

馬券はプラダリアからの馬単流し2点。配当が低すぎる場合は3連単流し2点で勝負する。シルクロードSを國井が的中、きさらぎ賞では花田が人気薄から流して高配当を得るなど、後輩達が才能あふれる予想を見せている。一方で、3年半ロクに的中できていない私は一体何をしているのだろうか。この2点できちんと順番当てが出来るところを見せたい。(文:福山)

京都記念 予想印
◎プラダリア
◯ベラジオオペラ
▲ルージュエヴァイユ

ライタープロフィール
京都大学競馬研究会
今年で30周年を迎える、京都大学の競馬サークル。馬主や競馬評論家など多くの競馬関係者を輩出した実績を持つ。また書籍やGⅠ予想ブログ等も執筆。回収率100%超えの本格派が揃う。


《関連記事》
・【京都記念】主役は前走ハイレベルのベラジオオペラ 対するは近10年で5勝の前走GⅠ組プラダリア
・【京都記念】参考レース振り返り データは有馬記念組優勢も、能力上位はベラジオオペラ
・【京都記念】過去10年のレース結果一覧

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル