top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

スピード違反で“一発免停”のYouTuber、「人の命に関わる可能性あった」と改めて謝罪

yutura

2月7日、夫婦YouTuberの「むに男」(登録者数8万人)が、スピード違反で“一発免停”を報告した件について、謝罪動画を公開しました。

一般道を30キロオーバーで”一発免停”

むに男チャンネルとは、「むにパパ」と「むにママ」夫婦が運営するチャンネルで、むに男はその間に生まれた3歳の息子のことです。このチャンネルでは家族のリアルを届ける動画が多く投稿されています。

今月2日、むにパパは「一般道を30キロオーバーで走ってしまったことによる、速度違反による一発免停」になったとして、10万円ほどの罰金と1カ月の免許停止処分を報告しました。

むにぱぱが山道で先行車に合わせて走っていたところ、気づかないうちに制限速度を超えていたのだとか。路肩に5~6台が停止させられ、まとめてスピード違反で検挙されたそうで、むにパパは「メーター見てないの悪い」としつつも「何か非常にモヤっとする」と心の内を明かしていました。動画内でむにパパは、丸1日講習を受けたことで、免停期間が短縮されたと報告しています。

この動画には、視聴者から「周りがとばしてたから自分もとばしたみたいな人のせいにする言い方。反省してるように思いません」「ルールを守ってないのは自分ですよ。警察は悪くありません」「こう言う動画は出さない方がいいんじゃないでしょうか?」などの批判的な声が多数寄せらることに。これにを受け、むにパパは

視聴者の皆様へ
むにパパへのコメント有難うございます。皆様からご指摘頂いた通り、大きな事故に繋がる前に止めて頂いた警察の方に感謝し、今後2度と同じ事を繰り返さない様に大いに反省しております。皆様から頂いたコメント内容を真摯に受け止めさせて頂き、以後責任感を持った運転を徹底致します。

広告の後にも続きます

とコメント欄で謝罪しました。

「人の命に関わる可能性のあった内容だった」と反省

今月7日、むに男はYouTubeチャンネルを更新。むにパパが1人で動画に登場しました。

冒頭で頭を下げたむにパパは「しっかりと謝罪をしてからじゃないと、次回以降の動画投稿に望めない」として、今回の件について改めて謝罪。「人の命に関わる可能性のあった内容だったのにもかかわらず、動画内で軽い発言をしてしまった」ほか、「違反で取り締まられた内容を、面白おかしく動画投稿してしまった」として、反省の意を示しました。

さらにむにパパは「自分の配信者としての感覚が、正直ズレているなと思いました」と発言。「配慮に欠けていた」として、「大きな事故につながる前に止めてくださった警察の方に感謝をし、今後二度と同じようなことを繰り返さぬよう、以後責任感を持った運転、そして動画動画配信に努めたい」と語りました。次回以降は、通常の動画投稿に戻るとのことです。

再生
 
   

ランキング(動画)

ジャンル