top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ボーダーコリー犬の世界一やさしい飼い主の起こし方

カラパイア


 ペットを飼っている人なら、朝寝坊をすると犬や猫に起こされた経験があるだろう。その起こし方は様々だが、この家で飼っているボーダーコリーはとてもやさしい、やさしすぎるのだ。

 きっとまだ寝ていたいだろうと飼い主を思いやる気持ちと、朝になったので起きて欲しいという気持ちがせめぎあった結果、世界一やさしい方法で飼い主を起こそうとしたのだ。

 「気が付かなかったらしょうがないけど、もし気が付いたのなら起きて欲しいな」というとても控えめなやり方で。

飼い主を思いやるボーダーコリーの起こし方

 ペットの数だけ飼い主の起こし方がある(パルモ調べ)。

 例えばうちの猫の場合、最初は鳴いて知らせるが、それでも起きないと、顔の上に座り続けることでその重圧感と酸素の低下から、必然的に起きざるを得ない状況を作り上げてくれる。

 TikTokユーザーのマーニー・キャサリンさんはボーダーコリーのメス、フランキー(12歳)を飼っている。

 フランキーはとても飼い主の気持ちを思いやるドッグで、その起こし方も控えめだ。

 まずはベッドの上に座りじっと飼い主を様子を見る。眠っている飼い主を起こすのはかわいそうだ、できれば自分で起きて欲しいと願っているようだ。

 でもやっぱり起きて欲しい。そこでフランキーは前脚を手招きするように動かす。「私はここにいますよ、朝ですよ」の合図だ。

 目をつぶっていたら見えるはずもないのだが、フランキーなりの精一杯の起こし方なのだ。なんてやさしい子なんだろう。

 手招きでは起きなかったので、最終的にフランキーは、前脚を伸ばしてキャサリンさんの近くまで寄っていった。

 これが彼女の毎日の日課のようで、その様子をキャサリンさんのボーイフレンドが撮影した。
TikTokで動画を見る

 ボーダーコリーはとにかく賢いし、観察能力も優れている。そして飼い主に対しての愛情もたっぷりだ。

 飼い主の気持ちを思いやりながらの謙虚でやさしい起こし方はTikTokユーザーらの心に響いたようだ。こんな風に起こされるんだったら、犬を待たせないよう先に起きようと努力しちゃうよね。

 うちの猫は「窒息死するか?それとも起きるか?」の選択を迫ってくるけども、それもそれでかわいいもんだよ。みんな違ってみんないいのさ。

written by parumo

 
   

ランキング(動画)

ジャンル