top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

VTuber天開司、名誉棄損投稿の開示請求をするも訴訟に進めず

yutura

VTuberの「天開司」(登録者数32万人)は2月6日、「【訴えてみた】名誉毀損投稿を開示請求したら〇ソ制度のせいで失敗しました【天開司/Vtuber】」と題した動画を公開しました。

悪質な誹謗中傷に開示請求

天開司(てんかいつかさ)は「バーチャル債務者」を自称するVTuberで、ゲーム実況のほか、『実況パワフルプロ野球』の大会「VTuber甲子園」や、オンライン麻雀のリーグ戦『神域リーグ』を主催するなど多方面で活躍しています。

今回の動画では、開示請求に至った経緯と手続きの流れを説明しました。昨年6月ごろの「神域リーグ」開催時期に、天開司を誹謗中傷するためだけのアカウントが出現し、2カ月以上にわたって誹謗中傷の投稿を続けたといいます。天開司は7月末に弁護士に相談を開始し、8月末に裁判所に申し立てが受理されました。

コンテンツプロバイダーが裁判所からの命令を1カ月放置

一部の投稿に名誉棄損が認められ、コンテンツプロバイダーへの発信者情報開示請求には成功したものの、相手方の弁護士の反論もあって手続きは難航したとのこと。裁判所から仮処分の命令が出るまでに2カ月かかり、さらに、IPアドレス開示の命令をコンテンツプロバイダーに1カ月放置されたといいます。

天開司は、

これね誰でも聞いたことある某SNS運営会社の対応ですよ。マジでキレてます。これも今回失敗した原因のうちのね一番大きなのはこれですね。マジでふざけるな何が「〇(ピー音とモザイク)」だボケ。

広告の後にも続きます

とSNS企業名を伏せつつ怒りをあらわにしました。

ログ保存期間を過ぎ、発信者情報の開示請求が不可能に

そうこうするうちにアクセスプロバイダーのログ保存期間である3カ月を過ぎ、発信者情報の開示請求をして訴訟や示談に持ち込むことができなくなったそう。天開司は今回の件を踏まえ、

日本の偉い方々、誹謗中小対策ね、まだまだ足りてないです。制度の改善お願いします。本当になんで3カ月経ったらお咎めなしなんすかね。これもうね、ログ保存期間とかいう加害者助ける仕組みマジでなんとかしてください。

と開示制度の改善を求めました。しかし、天開司はまた「今回の失敗を糧にまたやるんで、覚悟してください」と話しており、今後も誹謗中傷に対して法的措置をとっていく姿勢は変わらないようです。

この動画のコメント欄には、

これで相手は司さんが本気で訴訟する人ってのが理解出来たでしょう。
今回の件が魔除けになって誹謗中傷が減ることを願っております

結果は失敗だったけど、今回の件がこの動画になって多くの人の目に触れることになったのには意味があると思います。
神域などでお忙しい中大変だったと思いますが、これからも天開さんを応援しています。

一方アンチはタダでやりたい放題っていうのはどうにもやるせないですわね……

といったコメントが寄せられています。

 
   

ランキング(動画)

ジャンル