top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「自民に裏金議員はいるの?」と岸田首相が問われて仰天回答「いないとは申し上げないが」

女性自身

「(“裏金”の)定義によって“裏金議員”かどうか決まるということだと思います。だからこそ、裏金議員がいないとは申し上げませんが、これは裏金という言葉の定義が文脈によって変わりうるということから、より的確な言葉を使うことが重要だと申し上げています」

 

そんな禅問答のような答弁をしたのは、内閣総理大臣である岸田文雄首相(66)だ。2月6日の衆議院予算委員会で、立憲民主党の山岸一生衆議院議員(42)の質問を受けてのことだった。

 

山岸議員は「総理は裏金という言葉を本当にお使いにならない」と指摘したうえで、こう続けた。

広告の後にも続きます

 

「自民党の政策集団の政治資金の不記載の問題と非常に長い言葉をおっしゃる。派閥の裏金。僕らが議論しているのは、この派閥の裏金問題ですよね?」

 

それに対し、岸田首相はこう反論する。

 

「裏金という言葉については、文脈・人によって意味・内容が異なりうる、こういった実情であるからして、私として平素から客観的にわかりやすい言葉を使っているということであります」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル