top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】

サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

「おっパン」“沖田誠”原田泰造の大失敗に 「勉強になった」 「アウティング、無意識にしてるかも。気を付けなければ」

エンタメOVO

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(東海テレビ・フジテレビ系)の第5話が3日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、世間の古い常識や偏見で凝り固まった中年男・沖田誠(原田)が、二回り以上年下のゲイの友達(中島颯太)ができたことで、自身の「常識」をアップデートしていくヒューマンコメディー。

 昼時、雑誌を読んでいた誠はがくぜんとしていた。“10年後、こんな人材はお払い箱!”と書かれた記事はまさに誠そのもの。このままでは自分もお払い箱!? 誠は自分に「俺は大丈夫。アップデートしている…はず?」と言い聞かせる。

 一方、誠の息子・翔(城桧吏)は再び学校に行けなくなっていた。心配する母の美香(富田靖子)だったが、今は見守るしかない。

 美香は友人の美穂子(松下由樹)に翔のことを相談していた。だが、美穂子もまた息子の大地(中島)のことで心配事を抱えていた。「他人だからできることもあるかも…」と考えた美穂子は、とあるイベントを美香に提案。

広告の後にも続きます

 後日、沖田家で大地の恋人・円(東啓介)も呼びバーベキューが開かれるが、そこで誠は大きな失敗をしてしまう。

 放送終了後、SNS上には、「中高年はわが身を振り返るきっかけをもらえるし、一緒に学べるので男女問わず見てほしい」「中島くんがカッコ良くて、毎回楽しみ」「多様性容認の空気の中でどう振る舞うのか、一つの答えを出してくれているのがとても良い」などの感想が寄せられた。

 終盤では、バーベキューの場で、誠が円と対面した際に「大地くんの彼氏だね」と悪気なくみんなの前で言ってしまう。これに円は激高し、「いきなりアウティングかましやがって。本人だってなかなか言えなくてつらいのに、他人がそんな簡単に言うな」と誠に怒りをぶつける場面が描かれた。

 このシーンについて、「アウティング、無意識にしてるかもしれない。気を付けなければ」「今週の最後もしびれた。その行為をアウティングということも勉強になった」「アップデートできてるという自負からのやっちまった流れ。お父さんの気持ちも分かるからつらいな」「泣いた。自分のタイミングで、自分で言ったんじゃなければ傷付く」「周りが誠にアウティングのことを先に教えてあげる配慮も必要だったと思う」など、さまざまな声が投稿された。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル