top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

永野芽郁『君が心をくれたから』まるで “不幸の幕の内弁当”…視聴者離れ深刻で「月9ワースト」更新が現実味

SmartFLASH

 近年、TVerなどの見逃し配信で視聴する非リアルタイム視聴勢も増えているため、視聴率が “高いか低いか” はさほど気にする必要はなくなっている。

 

 だが、『君が心をくれたから』の場合、リアルタイム視聴勢が離れていっているのが明白だからヤバいのである。

 

 たとえば今の時代、仮に視聴率3%台とかなり低めからスタートしたドラマでも、第2話で4%台、第3話で5%台と回を重ねるごとに上昇していけば、低視聴率でも「良作」「好調」と評されるだろう。

広告の後にも続きます

 

『君が心をくれたから』ではその逆の現象が起きているわけで、視聴率の低さが問題なのではなく、下がり続けていることが大問題というわけだ。

 

 月9は前々作『真夏のシンデレラ』が全話の世帯平均視聴率5.7%となり、月9歴代最低を記録したが、その次に放送された前作『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』は、さらに下回って全話平均5.3%と悲惨な結果になっていた。

 

 しかし、『君が心をくれたから』がこのまま下がり続ければ、さらなるワースト記録を更新しかねない。

 

■“不幸の幕の内弁当” のようなストーリー

 

『君が心をくれたから』からリアルタイム視聴勢が離れているのは、月曜夜からこんな気持ちが重く暗くなる物語を観たくないという人が多いからではないか。

 

 ここで「ファンタジーラブストーリー」と銘打つ本作の物語をざっとおさらいしておこう。

 

 主人公・逢原雨(永野芽郁)は、10年前の高校時代に心を通わせていた2歳年上の先輩・朝野太陽(山田裕貴)と感動的に再会。だがその直後、太陽は交通事故で瀕死になってしまう。雨が絶望していると、あの世からの “案内人” を名乗る謎の男(斎藤工)が現れ、雨に過酷な提案をする。

 

 それは雨の視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚をひとつずつ奪っていき、3カ月かけて五感すべてを失う代わりに、太陽の命を助けるというものだった。

 

 第1話では太陽の命が助かるところまでが描かれ、第2話以降で雨の五感が奪われていく展開。第4話終了時点で、雨は味覚と嗅覚を失っている。

 

 第4話では、雨は五感を失っていくことを太陽に隠したままお別れするため、他の男とイチャイチャしているところをわざわざ太陽に見せつけて嫌われようとしており、観ていて鬱々としてしまう。

 

 公式サイトの第5話あらすじを見ると、次に失われるのは触覚になるようなのだが、それだけでなく第5話では2人暮らししている最愛の祖母がガンを患っており、余命2カ月であることが雨に告げられるようだ。

 

 好きな彼が事故で瀕死になり、助けるために自分は五感を失っていき、彼にあえて嫌われるように行動し、今度は祖母が余命わずか――。

 

 今のところまったく救いがない “不幸の幕の内弁当” のようなストーリー。視聴者が離れてしまうのも無理はない。

 

■大コケした前作『ONE DAY』と同じ轍を踏む?

 

 とは言え、さすがにこのまま雨が五感をすべて失って、バッドエンドの最終回となることはないように思う。

 

 日本のドラマでそこまで救いのないストーリーはウケないだろうし、フジテレビにそこまで振り切る勇気もなさそうだからだ。

 

 一例だが、実はあの世の “案内人” はひそかに雨と太陽になんらかの試練を与えていて、2人の愛でその試練を乗り越えることができたら雨の五感が戻るといった設定で、ハッピーエンドになる可能性はあるだろう。

 

 だが、もしそういったハッピーエンドが用意されているとしても、終盤までこの鬱展開が続くようであれば、さらに視聴者が離れていってしまいそう。

 

 第5話、第6話あたりの中盤回までに五感をすべて失うところまで一気に描き、それ以降にいい意味で予想を裏切る新展開に切り替えるなどすれば、起死回生となるかもしれない。

 

 けれど、ここまでの遅々としたスピード感からいって、終盤回まで五感を失っていく流れを続けそうだ。

 

 ふと、月9の前作『ONE DAY』のことを思い出した。

 

『ONE DAY』は、たいして興味を惹かない殺人事件の真相を最終話まで引っ張って大コケした。殺人事件の真相を中盤回で明かして後半で新展開にすればいいのにと感じていたが、『君が心をくれたから』も同じ轍を踏む予感がびんびんである。

 

 ――今後も暗いだけの話をだらだら続けるのなら、月9ワースト視聴率更新も現実味を帯びてくる。今夜放送の第5話以降で挽回していけるか、注目だ。

堺屋大地

恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。『日刊SPA!』にて恋愛コラムを連載中。ほかに『現代ビジネス』『文春オンライン』『集英社オンライン』『女子SPA!』などにコラムを寄稿

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル