top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

初の100万件超え「119番通報」に溢れ返る超フザけた要請「血圧測って」「話し相手に」

アサ芸プラス

「不要不急の電話については、ほかの緊急通報の妨げとなりますので、最後までお話を聞かずに切断する場合があります」

 この冬、東京消防庁が異例の呼びかけをしている。昨年、同庁が受電した119番通報件数は速報値で103万6645件と、同庁が統計を取り始めて以降、初めて100万件を超えた。

 103万件以上の119番要請のうち、2割にあたる約20万件は「携帯電話を買い替えたので、電話が通じるかテストしてみた」「明日病院に行く予定なので朝、送迎してほしい」などの、救急搬送と全く関係のない内容だという。こうした迷惑電話のせいで、火事や事故の通報でオペレーターに繋がるまで5分以上を要するケースもある。

 残りの救急要請80万件の内訳もひどい。筆者が救急隊員や救命救急センター関係者から実際に聞いた事例を挙げると、

「火傷というから救急隊員が駆けつけたら、20代の子供が海水浴で日焼けして、背中が痛いと言っている」

広告の後にも続きます

「自宅に体温計と血圧計がないから、救急隊に測ってほしい」

「37度の熱が出たから市販薬を飲んでいいのか、相談相手が欲しかった」

「眠れないから救急隊員に話し相手になってほしかった」

「今年大学に入った息子に保険証を持たせていないので、病院にかかるとカネがかかる。救急隊員が病院に送り届けてほしい」

 などなど。あまりにフザけている。それでも救急隊員は「てめえフザケンナ」と怒ることも救急車を断ることもできず、救急車を呼んだ本人が搬送を辞退しない限り、根気強く搬送先を探さねばならない。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル