top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

井上芳雄、「ムーラン・ルージュ!」再演に意気込み 「何十年も再演が続く作品になるように」

エンタメOVO

「ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル」製作発表記者会見が1日、東京都内で行われ、出演者の望海風斗、平原綾香、井上芳雄、甲斐翔真が登壇した。

 本作は、バズ・ラーマン監督による名作映画を、きらびやかなマッシュ・アップ・ミュージカルとして上演。日本では、2023年6月24日にプレビュー公演の幕を開け、他に類を見ない非日常空間と、熱気あふれるステージで千秋楽まで多くの観客を魅了した。今回の公演は、1年ぶりの再演で、サティーン役を望海と平原、クリスチャン役を井上と甲斐が初演に引き続き務める。

 望海は、初演時を「もうあまり覚えてない。夢だったんじゃないかなって思うくらい、非現実的な毎日だったんです。特に公演が始まってからは、作品の内容もそうですが、夢の中に生きていたような感覚だった」と振り返った。

 一方、平原は「ちょうど歌手デビュー20周年の年でもあったので、それと『ムーラン・ルージュ』と重なっちゃったもんだからバタバタしていた」と回顧し、「今年はミュージカルデビュー10周年の年なので、とにかく『ムーラン・ルージュ』1本で。お漬物で例えたら“サティーン漬け”だけど、古漬けというくらい染み込ませてお送りしたいと思います」と意気込んだ。

 甲斐は初演を終えた後、作品の舞台でもあるパリでも観劇したそうで、「本場に行けたというのが体験として大きな収穫だった。クリスチャンのように実際に行って見てきたことで細かい解像度や言葉の説得力では、2023年を優に越えていきたいと思います」と抱負を語った。

広告の後にも続きます

 また、井上は、作曲家志望の青年役を、年齢が大きく違う甲斐とダブルキャストで演じたことから、初演時のエピソードを聞かれると「個人的にはあんなに若い役をよくやっていたなと思う。舞台ではキラキラ感を出そうと思っていたけど、終わった瞬間に疲れが出る。甲斐くんは自前の若さがあるけど、僕はなけなしの若さを絞り出してたから、今年残っていたのかなと一抹の不安がある」と話して笑わせた。そして、「去年もものすごい盛り上がりで、今年も盛り上がると思いますが、日本でも何十年も再演が続く作品になるように、やっぱりすごいねと思ってもらえる作品にするのが今年の目標です」と言葉に力を込めた。

舞台は、6月20日~8月7日に都内・帝国劇場、9月14日~28日に大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演。

 

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル