top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「仮面ライダー555」20周年作品は「みんなが歩んできた結果」メインキャストが再集結! 半田健人&芳賀優里亜&村上幸平&藤田玲『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』【インタビュー】

エンタメOVO

藤田 自分なのに?

半田 でも、そのファンの気持ちも分かる。村上さんは草加のキャラが一人歩きしているんだよ。

村上 僕はずっと、「913(カイザ)祭」(村上が毎年開催している「555」関連のイベント)を続けていたので、一人歩きしていた部分もあるし、「僕が発すれば、それは草加だろう」という慢心もあったなと反省した。

芳賀 なるほど。

村上 だからそれが、草加という役をもう一度、客観的に見直すいいきっかけになった。おかげで、ここまでが草加かな、というガイドラインができたし。

広告の後にも続きます

半田 村上さんは僕らと違って、当時から草加雅人という役をものすごく作り込んでいたからね。実際の村上さんは、あんな嫌な人じゃないし(笑)。

 

-当時強烈な印象を残した“草加スマイル”を見ると、「あの草加だ!」とうれしくなります。

村上 皆さんが期待しているものは、きちんとお見せしないといけませんから(笑)。

半田 でも、あちこちで草加スマイルをやりすぎているのは問題だよ(笑)。あれは本来、ぞっとするものだったんだよ。うわ、こいつ悪い、裏の顔あるわ、って。

芳賀 お説教が始まった(笑)。

半田 だけど、今は劇場で笑いが起きると思うよ。「キターッ!」って。名物みたいになっているから。

藤田 でも、そういうものを作れたのは、すごいですよ。

村上 そうだよ。こないだ中国でのイベントでも、カイザのコスプレをしているお客さんに、(草加の最期をまねて)首を「ゴキッ!」とやってもらったら、会場全体が「うわーっ!」って。

藤田 それはすごい(笑)。でも、20年前から始めて、毎年何回くらいやるんですか? 草加スマイル。

半田 しょっちゅうやってるの。

村上 ごめんなさい。しょっちゅうやってます(笑)。

-テレビシリーズで最強のオルフェノクだった北崎は今回、その強さに磨きがかかっていますね。

藤田 そうですね。ただ、昔は「子どもなのに怖い」、「子どもなのに強い」という二面性が北崎の魅力だったんですけど、今回それはできないので、どう二面性を出すか、だいぶ考えました。最終的には、ふわふわした部分は残しつつ、どしっとした“社長感”で、二面性を出そうと。

芳賀 リアルにアクションをやっているから、そこも最強感が出ていて。

藤田 あの頃は、アクションの経験がなかったので、加減がわからず、スパイダーオルフェノクを踏みつけるだけで、NG連発でしたからね(笑)。その点でも、20年の成長を見せられたかなと思います。

-本作では、サプライズ満載の物語に加え、「どう生きるか」という「555」の根底にあるテーマもきちんと受け継がれていますね。

半田 そういうメッセージ性は、20年前も今も変わりませんよね。だけど、自分自身が大人になったことで、そこに対する理解度が深まった点が、今回は大きく違う。例えば、巧の振る舞いについても、当時は「台本に書いてあるから」で演じていたんだけど、この20年、自分がいろんな経験をしたことで、肌感覚で演じられるようになった。その分、芝居の説得力も増したんじゃないかな。

芳賀 その点で私は今回、すごく不思議な経験をした。実は、ラスト近くでオルフェノクを話題にした真理のせりふをどんなふうに言えばいいのか、とても悩んだの。結局、「これでいいのかな?」と迷いつつ、ホンを信じてやったんだけど、試写でそのシーンを客観的に見たら、すごくふに落ちるものがあって。あれは、20年経っていろんな経験をした今回の真理だからこそ出てきた言葉だったなと…。経験を重ねないとわからないことって、人にはたくさんあるんだなと痛感した。だから、当時は「嫌な人」に見えた草加くんも、年齢を重ねてから見直したら、きっと捉え方が変わるんじゃないかな。

村上 全然違うと思う。一見、嫌なやつかもしれないけど、草加には草加の正義があり、対オルフェノクという点では、完全に正義のヒーローなんだよ。オルフェノクは実際、人をあやめているわけだから。でも、ちょっとずつ性格が悪かったりするので、嫌なやつに見えるだけで。

半田 筋は通っているんだよね。「俺のことを好きにならないやつは、邪魔なんだよ」という草加の有名なせりふも、ひどい言葉だけど、極論すれば、誰でもそう思うところはあるでしょ。みんな、自分のことを好きな人が好きだもの。ただ、それを口に出すのが、草加1人というだけで。つまり、みんな心のどこかに持っている深層心理みたいなものを凝縮したのが、草加なのかもしれない。

村上 だから、年齢を重ねるほど、草加がかわいく見えてくるんじゃないかな。一生懸命だし、頭が良くて、運動神経もいいはずなんだけど、すごく不器用だな、みたいなね。

藤田 「555」のテーマという話に戻ると、20周年でこうしてまた集まれたこと自体が、その象徴ですよね。みんなが歩んできた結果として、この作品が生まれたわけですから。僕もあれから20年、役者を続け、いろんな役や作品に出会う中で、「555」で描かれた「どう生きるか」が永遠のテーマだったことに気付きました。そういう意味では、この作品が「555」の魅力を再確認するいい機会になったし、ファンの皆さんにとってもそうなってくれたらうれしいですね。

(取材・文・写真/井上健一)

2024年2月2日(金)より新宿バルト9ほかにて期間限定上映開始

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル