活動休止の「西野カナ」お下げ髪の少女が歌姫になるまで

活動休止の「西野カナ」お下げ髪の少女が歌姫になるまで
  1月8日、歌手の西野カナが、公式ホームページで無期限の活動休止を発表した。 「2008年にデビューしてから今まで、音楽を通してたくさんの方に出会い、大好きな音楽に囲まれて、最高の20代を過ごすことができました」とHP...

 

 1月8日、歌手の西野カナが、公式ホームページで無期限の活動休止を発表した。

 

「2008年にデビューしてから今まで、音楽を通してたくさんの方に出会い、大好きな音楽に囲まれて、最高の20代を過ごすことができました」とHPでコメント。

 

 

 2005年、16歳のときにオーディションで4万人の中から選ばれた西野は、高校時代から歌のうまさで有名だった。

 

「遠足のバスの中で西野さんが、倖田來未さんの『Butterfly』を歌ったんです。すごい上手で。私は眠気が吹っ飛びました」

 

 と、三重高校時代の担任・田中寿和先生が、かつて本誌に語っている。 

 

 高校時代、左右に分けたお下げ髪だった西野は「気さくな性格で、男女関係なく友達が多かった」(同級生)というが、実際、学園祭では沖縄菓子店を開き、味噌まみれになっていたという。

 

 さらに、歌だけでなく、級長や副級長をするなど、明るく活発な性格だった。

 

「学校の勉強も好きだったので、進学か芸能界かすごく悩んだようでした。『チャンスがあるなら、両立を目指してみたら』とアドバイスしました」(田中先生)

 

 得意科目は英語で、成績も優秀だった。
 オーデションに受かったあとはそのままプロにはならず、民謡の師匠に弟子入りしてボイストレーニング。高校時代は、歌手の準備期間にあて、その後、名古屋の大学に通いながら2008年に歌手デビュー。

 

 2010年から9年連続紅白出場を果たし、平成生まれの女性ソロアーティストとして最多出場の快挙を達成した。歌手としてトップを走り続けただけでなく、ファッションアイコンとしても活躍した。

 

「もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります」(HPのコメント)

 

 2019年に30歳を迎える西野。10代から歌にすべてを捧げてきただけに、しばらくは普通の女性として過ごしたいということだろう。

更新日:2019年1月12日
提供元:SmartFLASH

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(芸能)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME