M-1ファイナリスト・見取り図、マーベル好きのNMB48・井尻晏奈に対抗心!
M-1ファイナリスト・見取り図、マーベル好きのNMB48・井尻晏奈に対抗心!
アイアンマン、スパイダーマンなど数々の人気ヒーローを生み出してきたマーベルの貴重な資料、衣装、小道具などを展示するイベント「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」。この開催を記念しグランフロント大阪(大阪市)でセレモニーが行われ、マーベル・コミック編集長のC.B.セブルスキー、マーベル好きのお笑いコンビ・見取り図、NMB48の井尻晏奈、磯佳奈江、三田麻央が登壇した。
M-1グランプリのファイナリストとして知られる見取り図は、これまでの大阪でのマーベル映画の公開記念イベントに参加するなど、「マーベル大好き芸人」をアピール中。ボケ担当のリリーは、「(『アイアンマン』の)スターク(インダストリーズ)社のバッジを付けて毎日漫才をやらせてもらってます」と熱意を強調。一方の相方、盛山も「ぶちぎれたとき、(ハルクのように)緑になります」と人気キャラクターに引っ掛けたジョークで笑わせた。

「マーベル大好きアイドル」の井尻も負けておらず、「私は(『マイティ・ソー』に登場する)ロキが一番好き。愛すべきあまのじゃく。普段は兄上(マイティ・ソー)への憎しみを込めて戦っているけど、いざとなったら『兄上?』となる。お兄さんのことめっちゃ好きやん、みたいな」と思い入れたっぷりに語ると、見取り図は「俺らを超えるのはやめて」とツッコミ。

磯も「マーベル展ではグッズがたくさん売っているから、これを付けて外に出たい」、三田は「『アイアンマン』の損傷したスーツも展示してあって、この傷ってあのときのものなのかな。どういう壊れ方をしたんだろう、と楽しめる」と展示会の見どころを話した。

C.B.セブルスキーは、「マーベル作品の心臓部は、ヒーロー的なところではなく、人間性があるところ」と、超人的な力だけではなく、生身の人間としての魅力がキャラクターを形作っていることを強調した。

2019年、マーベルは『キャプテン・マーベル』、『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』の公開が控えている。両作品ともに大きな話題を集めそうだ。

イベント「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」は2019年2月17日まで開催。
(更新日:2019年1月15日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME