top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬が『困っています』と伝えているサイン4選 やりがちな仕草や行動から原因別にやるべき対処法まで

わんちゃんホンポ

犬が『困っています』と伝えているサイン4選

犬は何か困り事が起きた際、自分で対処できないときは信頼できる飼い主に助けを求めることが多くあります。しかし言語を話せない彼らは、仕草や行動で訴えかけてくることが大半です。

ここでは、犬が「困ってます」と伝えているときに見せる仕草や行動、さらにどのような原因が考えられるのかを解説していきます。

1.飼い主の後ろや家具に隠れる

何か不安なことや恐怖を感じる出来事が起きたとき、飼い主の後ろや家具に隠れて身を守ろうとする犬は多いです。その際、飼い主に時々視線を向けて「助けて」「困っています」と訴えてくることもあるでしょう。

この行動は、聞き慣れない不安になるような物音が聞こえたり、業者の人が家に入ってきたり、向かいから苦手な犬が近づいてきた時などに見せることが多いです。

2.飼い主の隣にやってきて震える

不安なことがあるときに、飼い主を頼ろうと近づいてくる犬は多くいます。その際、隣にやってきて小刻みにブルブルと震えている様子を見ると「何かあったのかな」と心配になりますよね。

広告の後にも続きます

このように、犬は困ったときや不安を感じるとき、飼い主の隣にやってきて震えることが多々あります。

場合によっては体調不良の可能性も疑われるので愛犬の様子に注意し、翌日も治らないようであれば動物病院へ連れていきましょう。

3.飼い主の方を不安そうにチラチラと見つめる

不安なことや困った出来事が起きた時、どこか不安そうな表情で飼い主の方をチラチラと見てくることも多くあります。

例えば、不安を感じるような聞き慣れない物音が玄関から聞こえたり、飼い主が外出することを察している時などに見られることがあるでしょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル