top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

松田聖子が神田正輝と離婚したら郷ひろみに「追及の質問」が殺到した/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 令和の今、いったいどの夫婦を「芸能界きっての大物カップル」と呼んでいいのかはわからないが、仮にその夫婦が離婚した際、元カレ、あるいは元カノのもとに芸能記者が大挙して取材に行くなどということは、まずありえないだろう。

 しかし昭和、平成時代にはそんなことがままあり、松田聖子が神田正輝と離婚した際も、なんと50人を超える記者が、聖子の元恋人である郷ひろみの元へ取材に走ったことがある。あれは忘れもしない、1997年1月10日のことだ。

 郷と聖子は4年に及ぶ交際を経て結婚寸前までいったが、1985年1月に破局。その際の会見で生まれた「今度、生まれ変わった時には絶対に一緒になろうねって約束した」との名ゼリフは今や伝説となっている。

 その後、聖子はそそくさと神田と結婚。一方の郷も1987年に二谷友里恵と結婚して、2人の子供を授かった。

 つまり聖子と神田が離婚した時点で、あの名ゼリフ会見からすでに12年が経過していたことになる。

広告の後にも続きます

 にもかからず、芸能記者たちはなぜ郷の元に殺到したのか。実はその日、たまたま都内で郷が主演する舞台の制作発表があり、それが聖子の離婚会見直後のタイミングとドンピシャだった。そこで各社は「今ならあの時の真相を郷の口から聞けるのでは」と踏んで、彼の会見を直撃したというわけである。

 さて、舞台に関する話題が終わると、いよいよ本題へ。まず、一報を聞いた感想を、郷は言葉を選びながらこう述べた。

「夫婦間のことは本人同士にしかわからないこと。ここまで来るには大変な労力があったはずです。本人が決めたことだから、周囲が詮索することではないですが、ただ精神的に参っているだろうなぁ、と思いますね」

 別離後も幾度となく、2人の「ニアミス」はあった。だが周囲の忖度もあり、その距離感が縮まることはなかった。ましてや聖子は当時、外国人男性との不倫の噂もあり、郷としてもすでに終わったこと、と考えていたはずだ。

 が、そこは当時の芸能記者の執念深さ。会見ではさらに畳みかけるように質問が飛ぶ。郷は言った。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル