KREVA 曲作り解説も!音楽愛溢れる貴重な完全1人ライブ 急遽開催決定!
KREVA 曲作り解説も!音楽愛溢れる貴重な完全1人ライブ 急遽開催決定!
音楽ファンからの強い要望! 急遽決定!KREVAから新年早々に嬉しいニュースが飛び込んできた。「完全1人ツアー2018+1」が1月28日(月)Zepp DiverCity (TOKYO)で開催されることが発表になったのだ。
昨年12月に行っていた「完全1人ツアー2018」をもう1度観たい、やってほしい、と多くの音楽ファンからの強い要望を受け、急遽、再・追加公演が決定。
【歌詞コラム】KREVAが描くspeechlessの世界

KREVAの新たな挑戦


2007年「KREVA CONCERT TOUR ‘07〜K-ing〜 ノンゲストデー」で初めて行われた、いわゆるDJ、バンド、マニュピレーターも居ない、KREVAがステージにある全ての機材を操り、音楽を奏でラップをするという度肝を抜いたライブは伝説になっている。その後、2014年の「KREVA〜完全1人武道館〜」では、ヒップホップに興味のない人にどう伝えていくのか?もっと考えて行かなければいけないと、常に思っていたKREVAは、新たな挑戦に出た。

音楽制作の楽しさ、面白さを表現


機材の進化もあり、サンプリングで創るヒップホップが全盛期だった時とは違い、自身の楽曲制作には必要不可欠なサンプラー機材のMPCを使っての「押し語り」を披露。また「47都道府県ラップ」を教材に、正しい韻の踏み方、韻を踏む技術などを解りやすく楽しく講義する「ライミング講座」、ビートメイク方法を紹介し、その場でビートを録り重ねていきながら楽曲を完成させるなど、スキルの高さもあるが自由自在にユーモアを交えながら、音楽制作の楽しさ、面白さを表現してきた。
【動画を見る】KREVA 「47都道府県ラップ」ライミング講座映像

音楽愛に溢れた空間


そして2018年には、機材のテクニックだけではなく、自身が常日頃、楽曲制作をする様をコーナーごとにテーマを決めて、解説しながらライブしていくというスタイルに。「DJ」とは?「DJ機材の使い方」から始まり、新しい機材の紹介をしながら、どうやったらこういう音が作りだされるのか?など惜しみもせず、目の前で会場に集まったオーディエンスに解説し、生でライブをし実践する。そのスキルはハンパない前代未聞のパフォーマンスだ。

音楽の楽しさ、音を作る面白さなどをオーディエンスと共有し、進められていくステージは、ストーリーがあり、とにかくKREVAの説明は解り安く、ユーモアに溢れ、楽しい授業のようだ。深い音楽への愛情を感じる「完全1人」公演。1音1音、音楽愛に溢れた空間だ。

音楽を志す人必見!先行受付スタート!


これから音楽を志す人、ヒップホップのトラックを作りをしたいと思っている人、ぜひともこの貴重なライブを体感出来るラストチャンスだ!

尚、チケット一般発売日は1月19日(土)。それに先駆け、今週末の1月12日(土)よりオフィシャルサイトにて先行受付がスタート!
(更新日:2019年1月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(音楽)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME