top_line

大泉 洋、仕事始めから“大泉節”炸裂! 安倍首相の「#大泉洋大好き」投稿に驚き

エンタメステーション

現在公開中の映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の大ヒット記念舞台挨拶が、1月7日、丸の内ピカデリーで開催され、主演の大泉 洋が登壇した。

お正月らしく袴に羽織姿で登場した大泉に、観客席からは「かっこいい〜!」の大歓声! 今回のイベントが新年最初の仕事という大泉は登場するなり「年末年始はしっかり休ませていただいたので、しゃべりたくてしょうがないんです。家族といても僕はおもしろいことひとつも言わないので、やっぱりワーキャーと歓声をいただくのはいいですね」と晴れ晴れとした表情を見せた。

昨年末に公開してから、すでに「新年早々号泣した」「人生観変わる映画だった」などSNSをはじめとした口コミで評判になり、大晦日には安倍晋三首相が観たことでも話題となった本作。大泉も「安倍首相がSNSにも映画を観たことをあげてくださっていて……ただその投稿に『#大泉洋大好き』とハッシュタグがあったんですよ」と驚いた様子。普段はあまり出演作を映画館で観てくれないという大泉の学生時代からの友人からも多く感想が届いたそうで「大泉の映画、映画館で観たという連絡がたくさんきます。しかも家族みんなで行ったという友達が多くて。子どもからお年寄りまでみんなで観られるので、そういう人が多いみたいですね」と家族みんなで観られるお正月映画ならではのエピソードを披露した。

そして、この日は本作のさらなるヒットを願って、奈良県より店頭で行う高速餅つきの実演が大人気のお店・中谷堂の方を呼び、験担ぎのお餅つきをすることに。つくお餅はもちろんこの日のためだけに特別に用意したバナナ味のバナナ餅! 臼の中に入った色鮮やかな黄色いお餅を見るなり大泉は「うわあ〜強力な色をしています……なんでもかんでもバナナにするのやめてもらってもいいですか!?」とバナナづくしの本作の宣伝に得意のぼやき芸で物申した。タイトルのバナナ(=877)にあやかり、中谷堂の方が87回の高速お餅つきを披露したあと、大泉自ら杵を持ち、7回お餅をつくと会場からは大きな拍手が! つきたてのバナナ餅を実食した大泉は、「香りといい、食感といい、これは完璧にガムですね」と味はいまいちだった様子。

最後に「今の時代、なかなか公開週よりさらに観客の方が見に来られる映画というのは珍しくて、まさに右肩上がりというのは嬉しいことです。それもひとえにみなさまの口コミ宣伝のおかげですし、そのおかげでより多くの方に見ていただけるということが大変ありがたいと思っています。この映画は難病を扱った映画ではありますが、いい意味で裏切る、明るく笑えるところもたくさんある映画です。そこを楽しんでいただければと思うのと同時に、筋ジストロフィーや他の病で苦しんでおられる方たちにとって少しでも、何かの助けになればいいなと思います」と大泉が本作への想いを語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

【STORY】
北海道の医学生・田中(三浦)はボランティアとして、体が不自由な鹿野(大泉)と知り合う。病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボランティアや両親に支えられて風変わりな自立生活を送る鹿野。夜中に突然「バナナが食べたい!」と言い出すなど、いつも王様のような超ワガママぶりだが、自分自身に素直に生きる鹿野は、どこか憎めない愛される存在だった。ある日、鹿野は新人ボランティアの美咲(高畑)に惚れ、彼女へのラブレターの代筆を田中に依頼するが、実は美咲は田中と付き合っていて…。奇妙な三角関係は、鹿野の主治医やベテランボランティアたちを巻き込んで大変な騒動に! しかし鹿野の病状は徐々に悪化、体はますます自由が利かなくなっていく。そんな鹿野には、生きているうちにどうしても叶えたい夢があった――

作品情報

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
大ヒット公開中

監督:前田哲
脚本:橋本裕志
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)
出演:大泉 洋 高畑充希 三浦春馬
萩原聖人 渡辺真起子 宇野祥平 韓 英恵・竜 雷太 綾戸智恵 /佐藤浩市 /原田美枝子
配給:松竹

オフィシャルサイト
bananakayo.jp

『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』原作

大泉 洋、仕事始めから“大泉節”炸裂! 安倍首相の「#大泉洋大好き」投稿に驚きは、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル