top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】

サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

「春になったら」奈緒&木梨憲武の親子像に視聴者涙  「毎週もれなく号泣してる」「家族を大事にしなきゃって思う」

エンタメOVO

 奈緒と木梨憲武がW主演するドラマ「春になったら」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、「3カ月後に結婚する娘」と「3カ月後にこの世を去る父」が「結婚までにやりたいことリスト」と「死ぬまでにやりたいことリスト」を実現していく、ハートフルなホームドラマ。

 瞳(奈緒)の婚約者・一馬(濱田岳)のお笑いライブを1人で偵察に行った雅彦(木梨)は、一馬がバツイチの子持ちだと知り、大激怒。その場に居合わせた瞳と激しい言い争いを繰り広げる。

 まともに話も聞かないまま一馬を全否定した雅彦に怒りが爆発した瞳は、病気の雅彦のことなど構わず、一度はキャンセルした結婚式をやはり決行すると息巻くが、一方で、雅彦に祝福されて結婚したいという思いは捨てきれない。

 そんな中、体に異変を感じ始めた雅彦は、瞳の“結婚までにやりたいことリスト”にならい、自らも“死ぬまでにやりたいことリスト”を作る。そこには、これまでの人生でやり残したことや、過去と向き合おうとする雅彦の最後の願いが詰まっていた。

広告の後にも続きます

 それを見た瞳は、自分という家族がいながら、なぜ雅彦がこうも簡単に死を受け入れるのか、ますます分からなくなってしまう。そこで、主治医である緩和ケア医の阿波野弘(光石研)を訪ね、雅彦の本当の気持ちを聞き出そうとするが…。

 放送終了後、SNS上には、「すてきなドラマ。家族を大事にしなきゃって改めて思う」「『どんまいどんまい、僕は好きだよ』の言葉に救われて涙を流す瞳ちゃんのシーンが良かった」「深澤辰哉くんが役になじんでいてすてき。演技がうまいなと思う」などの感想が投稿された。

 また、ラストで瞳と雅彦が伊豆旅行に出かけるシーンにも反響が集まり、「ラストに2人で写真を撮るシーンは、父のせりふと、それを聞く娘のまなざしが素晴らしくて感動。人を思いながら生きることの尊さを感じさせられた」「ラスト10分で怒涛の涙腺崩壊。堪え切れない嗚咽(おえつ)がもれてた」「ラストで号泣。がんで亡くなったお母さんに会いたくなった」「心があったかくて、さびしくて泣いた。毎週もれなく号泣してる」といったコメントが上がるなど、多くの視聴者が涙した。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル