ルーニー、米国で先月逮捕されていた! 空港で酩酊していた理由とは…
ルーニー、米国で先月逮捕されていた! 空港で酩酊していた理由とは…
 MLS(メジャーリーグサッカー)のDCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、空港で酩酊した姿を見せたことで逮捕され、罰金を支払っていたことが明らかとなった。英メディア『ス…

 MLS(メジャーリーグサッカー)のDCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、空港で酩酊した姿を見せたことで逮捕され、罰金を支払っていたことが明らかとなった。英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 ルーニーは昨年12月16日に、公共の場で酩酊していたとしてワシントン・ダレス国際空港で空港警察に逮捕されたとのこと。その罰金として先週金曜日に25ドル(約2700円)を支払ったほか、91ドル(約9800円)の諸経費を徴収されたようだ。

 その後、ルーニーのスポークスマンは事情を説明する声明を出した。説明によれば、ルーニーは宣伝活動のためサウジアラビアを訪れたあと、日帰りでワシントンに戻った際に逮捕されたとのことだ。

 ルーニーは機内で所定量の睡眠剤を摂取したが、同時に多少のアルコールも摂取したことが影響し、到着時には意識が混濁していたという。空港警察がその状態のルーニーを見咎め、軽犯罪により逮捕したと説明されている。

 ルーニーは昨夏エバートンからDCユナイテッドへ移籍し、20試合で12ゴール7アシストを記録する活躍を見せてシーズンを終えていた。来季も引き続きMLSでプレーすることが見込まれる。

(更新日:2019年1月8日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME