BIGMAMA『-11℃』リリースツアー初日が浮き彫りにしたバンドの最新形と本質
BIGMAMA『-11℃』リリースツアー初日が浮き彫りにしたバンドの最新形と本質
-11℃ release tour「+11℃」 2018.12.25 マイナビBLITZ赤坂 ※以下のテキストでは、演奏曲...

“-11℃” release tour「+11℃」 2018.12.25 マイナビBLITZ赤坂

※以下のテキストでは、演奏曲のタイトルを一部表記しています。ご了承の上、お読みください。

12月25日、メジャー1stアルバム『-11℃』をリリースしたBIGMAMAが全国ツアー『+11℃』の初日公演を開催した。BIGMAMAはクリスマスライブを行ったことがこれまでにも何度かあり、その都度特別な演出で来場者を楽しませてきた。しかし今年は例年になくストイックな内容。なんと約2時間で30曲を立て続けに演奏する構成だったのだ。


BIGMAMA 撮影=高田梓



セットリストの中核を担うのはアルバム収録曲。例えば、シェパードトーン(※耳の錯覚により、無限に音階が高くなっているように聴こえる現象)を用いた「Step-out Shepherd」は生で聴くとより不思議な響きをしていて、「Funbalance」は金井政人(Vo/Gt)と柿沼広也(Gt/Vo)のツインボーカルによるハーモニーが美しい。「Miffy's Mouth」では寸分狂いなくリズムが噛み合う冒頭シーンに息を呑んだ。このように、新曲群は、ライブで鳴らされることによりまた新しい表情を見せてくれるものばかり。そういえば『-11℃』のリリース前にはリード曲を選考するためのファン投票が行われたが、もしもあれをツアー後に再びやったとしたら、結果がまた変わってくるのではないだろうか。一方、元々『-11℃』が過去の作品との強い結びつきを感じさせるような作品だったこともあり、過去曲の配置も重要なポイントになっていた印象。最新曲と過去曲が溶け合いながら、新たな起承転結を描き出していたのだ。


BIGMAMA 撮影=高田梓



バンドの演奏にはフレッシュな勢いがあった。誰かがファインプレーを見せたかと思えば、その数秒後には、他のプレイヤーがそれを優に超えるようなことをやっている。そうやって互いに笑いあっている。バンドは音楽で遊んでいるが、一方、楽器を使ってバトルをしているようにも見える。絶えず火花が散っていて、一歩間違えたら全てが破綻してしまうのではないかと思えるような、スレスレのバランスが続いていた。個人的には、最初の数曲が強く印象に残っている。金井の歌は語気が強く、各楽器の音は初速が速くて鋭利。サウンド全体の迫力がどんどん増していき、衝動が溢れてしまっている様子が初日らしくて良かった。


BIGMAMA 撮影=高田梓



BIGMAMAはメジャーデビューこそ1年目であるが、現メンバーになってからは12年目。言ってしまえば、若さのみで突っ切ることのできる年齢は過ぎているわけだが、だからこそ、ここ最近の彼らはバンドの特色を見つめ、自身の武器を磨くことに注力している。冷静と情熱を携え、月日をかけて培ったバンドとしての実力をステージ上で思い切りぶん回す彼らの姿は、観ている側からすると非常に痛快。そうして、バンドとともにオーディエンスのテンションも上昇していった。イントロが始まり「あの曲だ!」と分かったときにも、メンバーがものすごいソロを披露したときにも、最初のブロックを終えて金井が一言挨拶をしたときにも、フロアから上がる大音量の歓声。しかもその声は文字にすると「うおおおー!」というような雄叫びに近いもので、一人ひとりの興奮が手に取るように伝わってくる。そんなオーディエンスの様子を笑顔で見てから、手招きするようなしぐさでさらに煽るのが東出真緒(Vn/Key/Cho)で、「赤坂行くぞー!」とマイクを通さずに叫ぶのがリアド偉武(Dr)。ギリギリまで前方に出ていってガシガシ弾きまくる柿沼に対し、安井英人(Ba)は佇まいこそクールだが、右手の指は弦の上を忙しなく動き回っている。金井が両腕を大きく広げると、フロアからはシンガロングが発生。バンドのサウンドとオーディエンスの歌声が混ざり合いながら、会場を満たしていった。


BIGMAMA 撮影=高田梓



「Happy Xmas」から「MUTOPIA」へと繋げる流れ、クリスマスには欠かすことのできない「My Greatest Treasure」の演奏、当日0時にサプライズで配信リリースされた「Foxtail」の初披露――と、この日ならではの場面なども経て、ライブは終了。ひたすらに演奏力と曲のクオリティで勝負していく、ストイックかつシンプルなライブ。演奏と曲とアレンジがよければ他には何も要らない。それだけで何よりもドラマティックになりえるのがロックバンドというものなのだ。そんなことをガツンと思い知らされたような気がした。核心だけを射抜くライブだったからこそ、終盤で金井の言った「“みんな”ではなくて、“誰か”ではなくて、一人ひとりの“あなた”に言います。BIGMAMAはあなたを全力で肯定します。今日選んでここに来たあなたの全てを、全力で肯定します」という言葉には説得力があったし、あと、今回のステージセットがどうしようもなく感動的に映ったのもそれによるところが大きい。振り返れば、このバンドは2017年10月の武道館ワンマンを境に、ライブのやり方を大きく変えたように思う。そういうふうに変化していった理由とか、でも本質的には実は変わっていないんだよねっていうところとか、言葉にせずとも全部を語ることのできているライブだった。


BIGMAMA 撮影=高田梓



この辺りの話は現時点では詳しく書けないため、今後の公演で、ぜひあなたが直接確かめてほしい。『-11℃』は“史上最もクールなアルバム”と銘打ってリリースされたが、実は、史上最も熱いアルバムなのではないだろうか。私はそのように受け取った。


取材・文=蜂須賀ちなみ 撮影=高田梓

(更新日:2019年1月10日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(音楽)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME