top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【ハンドメイド】中国の伝統的な技法「スワトウ刺繍」って?歴史や特徴をご紹介~世界の刺繍~

YOKKA

世界には、さまざまな種類の刺繍が存在します。

国や時代ごとに異なる表現が編み出されてきた刺繍はどれも美しく、見ているだけでとても楽しいです。

今回は、そんな刺繍の中から、中国に伝わる伝統的な技法「スワトウ刺繍」をご紹介します。世界の刺繍から、その国の歴史や文化を紐解いていきましょう。

スワトウ刺繍とはどんな刺繍?歴史と特徴

スワトウ刺繍は、中国広東省の町・汕頭(すわとう)地方に伝わる伝統的な手工芸です。

汕頭はもともと手工芸が盛んな地域でしたが、18世紀頃にヨーロッパからやってきたキリスト教宣教師によりヨーロッパのレースや刺繍技術が伝えたられたことによって、スワトウ刺繍が完成したと言われています。

広告の後にも続きます

そんなスワトウ刺繍は、綿や麻といった天然の素材に、透かし模様や糸の盛り上げでレースのような模様を描いた装飾的なデザインが特徴です。

汕頭の地方で親から子へと受け継がれてきましたが、とても手がかかる刺繍技法のため近年では担い手が少なくなってきており、最近はその多くが機械で作られるようになってきました。ハンカチや着物の帯などに施されて販売されているので、デパートなんかで見たことがあるという方もいるのではないでしょうか。

特に、綿や麻といった吸収性の高い生地を使用していることからハンカチに加工されることが多いスワトウ刺繍。しかし、技術を持った人が年々減っているため、手縫いのものだとハンカチでさえ1枚10万円を超える高価な製品も見られます。10万円のハンカチで手を拭こうという気にはとてもではないけれどなれません。高級感あふれる繊細な刺繍が施されたハンカチは実用品というよりもむしろ芸術品です。

ここからは、スワトウ刺繍の学び方や歴史をさらに詳しく見ていきましょう。

スワトウ刺繍を学ぶには?

スワトウ刺繍を学ぶには、どうしたらいいのでしょうか?スワトウ刺繍には、以下の道具が必要です。

  • 籐(とう)や竹で作られた刺繍枠
  • 綿や麻などの天然素材の布
  • 刺繍針
  • 刺繍糸
  • ハサミ
  • 図案を写すための道具

スワトウ刺繍では、大きな丸い刺繍枠を使用してデザインに合わせた様々な太さの糸で刺繍をしていきます。職人の方々の動画を拝見すると、細かい作業であるにも関わらずとても手際が良く早いスピードで縫われていくため驚かされます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル