top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

三吉彩花「今後は韓国でもモデルや映像面の仕事をしていきたい」 「ドラマ 地球の歩き方」韓国編に“本人役”で出演【インタビュー】

エンタメOVO

 「ドラマ 地球の歩き方」が、1月13日からテレビ大阪・BSテレ東で放送スタートする。創刊45周年を迎えた“海外旅行のバイブル”「地球の歩き方」をドラマ化。旅好き芸能人が韓国・タイ・サイパン・ニュージーランドへ“記者”として、それぞれの国の新たな魅力を探す旅に出る姿を描く本作。韓国編「名物オモニ特集 ソウル~チェジュ島」に三吉彩花、タイ編「現代アートの震源地を特集 バンコク~チェンライ~プーケット」に森山未來、サイパン編「七色の海と精霊特集 サイパン島~マニャガハ島~テニアン島」に松本まりか、ニュージーランド編「キャンピングカーで巡るマオリの聖地特集 オークランド~レインガ岬」に森山直太朗が出演する。

 これまで韓国旅行した回数は50回以上、Amazon prime videoの日韓共同製作映画『ナックルガール』の主演を務めたことでも話題となった三吉に、韓国編の見どころやロケでオモニ(=韓国語のお母さん)を取材した感想のほか、2024年の仕事とプライベートの抱負を聞いた。

ー本作の出演オファーが来たときのお気持ちを教えてください。

 最初は「地球の歩き方」という本自体を存じ上げていなかったので、どうしようというところから始まりました。私はコロナ前から海外でのお仕事を定期的にやっていて、アジアに向けて発信したいことや表現していきたいことが自分の中で明確にあるので、この作品はすごくいいきっかけになるな、新しくていいなと思いました。

ー三吉さんは韓国にお友達が多くいらっしゃるそうですが、どのように知り合われたのでしょうか。

 最初にお仕事でご一緒して、そこからご縁がつながった友達もいますし、私が訪れた韓国のお店に偶然インスタグラマーの女の子がいて、私が「今、目の前で見かけたんですけれど」とDMを送って友達になったりしたこともあります。

ー劇中には三吉さんの韓国の親友も出演されています。共演したお気持ちはいかがでしたか。

 すごくうれしかったです。韓国で女優の仕事もしている友達なのですが、普段2人でしゃべっているときのような感じで撮影したので、終始「不思議だね」と笑いながら撮影していました。スタッフさんも私が1人で取材に行くときよりも友達と一緒にいるときの方が「自分が出ていた」とおっしゃっていたので、私のあまり見せたことがない素の部分が出ているのではないかなと思います。

広告の後にも続きます

ー今回の韓国ロケでは、韓国のお母さん=オモニを取材されましたが、感想はいかがですか。

 率直にすごく良かったです。韓国に行く時は、いつも自分の好きなトレンドやファッション、ビューティーだったり、会いたい友達に会いに行ったりしていましたが、今回は韓国のお母さん=オモニの特集ということで、今までとは違う角度から韓国を知ることができました。取材を通じてお母さんたちの今までの生きざまや、生きていくことに対してのリアルを知ることができたので大収穫だったなと思います。

実際にオモニと触れ合うことで、新たな気付きはありましたか。

 韓国のお母さんはすごく親近感があって、本当に自分の子どものようにかわいがってくれる方が多いんです。お母さんたちのリアルな生きざまを伺っていると、どのお母さんも子どもたちを育てる中で、子どもが立派になるために自分のやりたいことや好きなことを全て犠牲にして家族のために何とか食べさせてあげたりしていて。涙しながら自分の話をしてくださったのは衝撃的でしたし、生きていく上でのお母さんとしての立ち位置やリアルな話を聞ける機会をいただけて、本当にいろいろなことを感じました。

ー今回はご本人役での出演ですが、ご本人役を演じて感じた面白い所、難しい所などがあれば教えてください。

 演じるという意味では今までで1番楽でした。私は自分のパーソナリティーをあまり見せたくないタイプで、自分のプライベートの部分は、ここは出したくないというところが自分の中ではっきりしているので、最初はどんなふうにお母さんたちに取材していけばいいんだろうと思っていたのですが、スタッフの皆さんのチームワークが良くて安心感がある中での撮影だったので、私も話し方やリアクションをオフの自分にして、自分のパーソナリティーな部分を見せてもいいかもと初めて思えた作品になりました。なので、自分自身のまま撮影できたなと思います。

ー改めて韓国編の見どころを教えてください。

 韓国編では今人気の韓国のエンタメやファッションなどを取材するのではなく、あえてオモニたちに深く入り込んで人と人とのつながりを掘っていくところに人間味を感じられて楽しめると思います。ドラマと言ってもドキュメンタリーのような部分が多い感じなので視聴者の方にはリアル感があって一緒に体験するような気持ちで見てもらえると思いますし、途中で起こるハプニングもリアルが多いので、そこも見どころです。

ー今年28歳を迎えられる三吉さんですが、仕事やプライベートでチャレンジしたいことはありますか。

 今後はアジアでいろいろな方法で表現するお仕事をしていきたいです。日本だけを拠点とするのではなく、2カ国、3カ国といろいろな所でやっていきたいですし、今年は今までとは違ったアプローチの仕方で海外に行ける気がしているので、また違う姿を皆さんにお見せできたらいいなと思っています。韓国でモデルや映像面の仕事もしていきたいですし、いろいろな経験をして、韓国作品の演技のメソッドなどももっと知っていけたらいいなと思います。プライベートは健康第一で、のびのびと健やかに過ごしていきたいです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル