top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「女子高生と特攻隊員の恋」が若い女性の心をワシづかみ!/大高宏雄の「映画一直線」

アサ芸プラス

 こういうことがあるから、映画興行は面白い。映画評論家からは批判を浴び、大手メディアからはほぼ無視された「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」(以下、「あの花」)が大ヒットしているのである。

 すでに興収28億円を突破し、30億円超えがまもなくだ。プロの書き手が批判的、メディアが無視する作品がヒットするのは珍しいことではないが、今回はそのギャップが非常に大きい。見どころのひとつである。

「あの花」は、予告編を何度も見ていた。現在の女子高生が1945年にタイムスリップし、出撃間近の特攻隊員と恋に落ちる。原作は人気になっていると聞いていたが、この設定と話には、見るのを躊躇するものがあった。どこかベタすぎる感覚があったのだ。

 ところが見た人、特に主力の客層である中高生や20代の若い女性の口コミがやけに良い。それに伴い、興行も伸びていくのだが、いったい何があるのだろうか。重い腰が上がった。

 特攻隊員と女子高生の恋愛物語という悲話が、ストレートに若い観客の気持ちをとらえたように感じた。身も蓋もない言い方だが、そうとしか思えない。

広告の後にも続きます

 ベタな話とは、定番的な話ということだ。定番には、人を惹きつける要素が多分にある。定番はまた、人によって受け取り方は違う。時代によっても違う。定番が、全く新しくなる場合もある。今回が、そうではなかったか。

 とはいえ、見ていくにつれ、別の要素に釘付けになったことも指摘しておきたい。「ぜいたくは敵だ」の町の看板が、やけに目立つ1945年の時代相だ。それは食料危機である。

 食堂に身を寄せた女子高生・百合(福原遥)は店主(松坂慶子)から、ふかした芋をふるまわれる。百合はちょっと複雑な表情を見せるが、ここは比較的、食べ物が入ると見られる軍御用達の食堂だ。戦争末期、それでも「ぜいたく」だという意味を持つ。

 特攻隊員の彰(水上恒司)と一緒に、かき氷を食べるシーンがある。砂糖水をまぶしただけのかき氷を前に、百合は果物が欲しいようなことを言う。あるわけがない。いくつかある食べ物の描写が、なかなか心に迫ってくるのである。

 これらを観客は、具体的な描写として「見る」ことになる。当時の食料事情は、若い観客にとっては一種のカルチャーショックではなかったか。食べ物の枯渇という戦時下の「現実」は、なんともリアリティーがある。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル