top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

山崎育三郎、日本初上演ミュージカルに自信 「楽しんでいただけるという確信を持って稽古が進んできた」

エンタメOVO

 ミュージカル「トッツィー」日本初演開幕前日囲み取材&公開ゲネプロが9日、東京都内で行われ、出演者の山崎育三郎、愛希れいか、昆夏美、金井勇太、岡田亮輔、おばたのお兄さん、エハラマサヒロ、羽場裕一、キムラ緑子が登壇した。

 本作は、演出家やスタッフと衝突ばかりしていた俳優が、あることがきっかけで女性になりきってミュージカルのオーディションに応募したところ瞬く間に人気者になるという、ブロードウェイ発のコメディー・ミュージカル。主人公のマイケル・ドーシー&ドロシー・マイケルズ役を山崎が務める。

 山崎は、「稽古場でもみんながこれはいける、楽しんでいただけるという確信を持って稽古が進んできました。実際にお客さんが入ってようやく完成する舞台なので、皆さんがどう作ってきたものを受け取ってくださるのか楽しみです」と初日を控えた心境を語った。

 稽古中には、翻訳されたせりふを俳優たちも一丸となって伝わりやすい日本語に直す作業を行ったそうで、エハラは「だいたい山崎育三郎監修です。育三郎さんがお笑いが好きだからいいアイデアがたくさん出てくる。台本の面白いところをプロデュースしていた。そのうちルミネで“山崎育三郎寄席”をやってもらいたい」と話し、おばたのお兄さんも「コメディーがうますぎて引いてます」とちゃかした。

 また、この日も囲み取材にドロシー姿で登壇した山崎は、「自然とガニ股でいられなくなってきている。最近も、テレビ番組に出させていただいたときに、気付かないうちに足をそろえて座っていたり、ドロシーになっている瞬間があります」と女性らしいしぐさを自然としてしまうと明かし、会場を驚かせた。
 
 最後に山崎は、能登半島地震についての思いを「被災された皆さんには1日も早く心穏やかに過ごせる日が来ればと心から祈っています。こういうことがあると、当たり前にある日々は当たり前ではなくて。もし、明日がなくても今日の公演でやりきったと思える公演を目指してやっていきたいと思います。トッツィーカンパニーとして日生劇場に募金箱も置かせていただきますので、少しでも寄り添うことができたらと思っています」と語り、改めて「最後まで走り抜けられるように頑張り、たくさんの愛とハッピーと笑いを届けたいと思います」と意気込んだ。

広告の後にも続きます

 舞台は、2024年1月10日~30日に都内・日生劇場ほか、大阪、名古屋、福岡、岡山で上演。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル