top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

西島秀俊、石田ゆり子が「新成人」へ熱いメッセージ 芦田愛菜「今年、20歳になるので頑張ります」

エンタメOVO

 ドラマ「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」の制作発表会見が8日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、芦田愛菜、宮沢氷魚、石田ゆり子ほかが出席した。

 本作は、大好きな音楽に対して常にアパッシオナート(情熱的)に向き合うマエストロ(指揮者)・夏目俊平(西島)と、音楽が嫌いな娘の響(芦田)が親子の絆と人生を再生させていくヒューマンドラマ。

 作品にちなみ、キャスト陣は特別編成の生のオーケストラが演奏する中、会見の場に登場。演奏を聞いた西島は「生で聞かせていただいて非常に感動しました」、芦田は「すごい迫力でした」と目を輝かせた。

 本作で指揮者役を演じる西島は、自身の役柄について「オーケストラと一緒に音楽を作っていく、誰よりも音楽を楽しんでいるキャラクターで、ちょっとポンコツな部分もあります」と紹介。

 劇中でバイオリンを初披露する芦田は、「実はこそこそ(練習を)やっていました。バイオリンは難しくて、もう無理って投げ出したくなることもあるんですけれど、響ちゃんの軸としてあるので頑張ってやっています」と苦労を明かした。

広告の後にも続きます

 撮影時の裏話を聞かれた西島は、「台本上はポンコツの父親としっかり者の娘という話ですけれど、皆さんのイメージと違って意外に芦田さんってポンコツなんです。しょっちゅう物にぶつかったり、コケたりしている」と娘役の芦田の意外な一面を暴露。芦田も「そうですね。否めない…」とこれを認めて、会場の笑いを誘った。

 また、本日成人の日を迎えた「新成人」へのメッセージを求められた石田は、「大人になることは責任が生まれるということ。責任がないところに自由はないです。すてきな大人になってください」とメッセージ。

 西島は、「本気でやりたいことを言うのは恥ずかしいことで躊躇(ちゅうちょ)してしまうけれど、表に出してみて下さい。そうすればもう一歩次に行けるので、ぜひ秘めた思いを出してほしい」と熱く語った。

 来年「新成人」を迎える芦田は、「今年、20歳になるので頑張ります」と西島らのメッセージを受け止めていた。

 ドラマは14日よる9時からTBS系で放送スタート(毎週日曜よる9時放送)。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル