アメリカンショートヘアの人気毛色とは?茶色、黒、カメオタビー?

アメリカンショートヘアの人気毛色とは?茶色、黒、カメオタビー?
アメリカンショートヘアは、性格がとても陽気で賢く性格がいいのでとても飼いやすいことから非常に人気が高い猫種です。今回はそんなアメリカンショートヘアの人気毛色や模様、肉球の色などを紹介していきます。

アメリカンショートヘアの毛色の種類とは?

アメリカンショートヘアは、歴史上において異種猫との交配が盛んに行われていたために、その毛色はなんと70種類以上も存在します。

ここでは代表的な毛色の系統を紹介していきます。実際70種類というのも全てはこの代表的な系統の毛色から派生しているものがほとんどになります。

シルバータビー

アメリカンショートヘアと言えば、このシルバータビーが一番オーソドックスな毛色となります。全体的にグレーの被毛にブラックの縞模様が特徴です。シルバータビーの子の瞳の色はヘーゼルになることが多いようです。

ブラウンタビー

シルバータビーに次いで、よく出回っているのがこのブラウンタビーで全体的にダークブラウンの被毛にブラックの縞模様が入ります。瞳の色はゴールドが多いようですがグリーンの子もよく見かけます。

レッドタビー

レッドタビーは、シルバーやブラウンほどメジャーではないですが最近人気が高まってきている毛色です。全体がホワイトの被毛に赤茶の縞模様が特徴になります。瞳の色はブラウンになることが多いようです。

カメオタビー

このカメオタビーは非常にレアな毛色で、一見するとレッドタビーと見間違いそうになりますが毛をかき分けると根元がホワイトになっているのが特徴です。そのためレッドタビーよりはふんわり柔らかい印象を与えます。

また、カメオタビーのレッドを更に薄める遺伝子と混ざった場合に出来上がる毛色はクリームカメオタビーとも呼ばれています。ここまでくると出会うのが難しいくらいレアな毛色となります。

クリームタビー

このクリームタビーは、カメオタビーとよく似ていて間違えられることもしばしばある毛色です。特徴としては、レッドが強くて根元は非常に明るめのブラウンになります。

ブルータビー

ブルータビーもまた非常に珍しい毛色で、全体的にグレーの被毛に薄めたブラックの縞模様が特徴です。この縞模様のブラックとそれを薄める遺伝子が混ざり、ほとんど縞模様が見えなくなった場合はブルーと呼ばれます。

ブラック

アメリカンショートヘアは縞模様が特徴だと思われがちですが、なんとブラック1色のアメリカンショートヘアも存在します。

この中でも枝分かれをしていて、根元の部分だけが白いものはブラックスモークと呼ばれ、白の部分が多くなるとシルバーと呼ばれます。

ホワイト

ブラックが存在するなら、当然ホワイトのアメリカンショートヘアもいます。両親のどちらかの遺伝子が全身を白くするものを受け継いだ子のみが、このホワイトになります。

また、この毛色をホワイトにする遺伝子は優勢遺伝子のためタビーの子でもお腹や足先の一部だけが白くなるアメリカンショートヘアもいます。

実際、単色のアメリカンショートヘアは黒から白までいるのでその間のブルーやブラウン、レッド1色の毛色も確認されていますが、アメリカンショートヘアの単色はそれだけでも非常に珍しく滅多にお目にかかれません。

アメリカンショートヘアの人気毛色、柄、模様とは?

アメリカンショートヘアの一番人気の毛色は、王道のシルバータビーやブラウンタビーが不動の地位でしたがここ近年では、レッドタビーの人気が急上昇しています。

アメリカンショートヘアの特徴でもある、タビーとは縞模様を意味し、上記で記載したシルバータビーやブラウンタビーは厳密に言うと、全てクラシックタビーと呼ばれています。

クラシックタビーは額にはМのような模様が、また両脇腹には綺麗な渦巻の模様があります。この渦巻き模様は、牛の目を意味するブルズアイと呼ばれたり、カキを意味するオイスターと呼ばれたりしています。

また、両肩にはバタフライと呼ばれる蝶のような模様があり、尻尾にはリングと呼ばれる輪のような模様も入っているのが特徴になります。

やはり、アメリカンショートヘアの人気の柄や模様は、この王道のクラシックタビーに集中していると言っても過言ではありません。色に関しては、変動があるものの柄や模様は不動の人気を誇っています。

しかし、アメリカンショートヘアの柄や模様はクラシックタビーだけではなく近年少しずつ人気が高まってきている柄があります。

それは、パッチドタビーと呼ばれている柄で基本のクラシックタビーに不規則にパッチしたような黄色や赤茶の模様が入っているものになります。

光を当てたようなパッチ模様が立体感を出していて、王道のアメリカンショートヘアを見慣れている人であればすぐにその独特な雰囲気に違和感を覚えるかもしれませんが、少し変わったアメリカンショートヘアを飼いたい人に人気が高まっています。

因みに、パッチドタビーの毛色はシルバー、ブラウン、ブルーの3種類が代表的です。

次に人気なのは、一見するとアメリカンショートヘアには見えない柄のない単色のブラックとホワイトになります。この他にも黒白2色に分かれたバイカラーと呼ばれている柄の子も人気があります。

このバイカラーは、白の毛色が全体の被毛の40~60%あることが条件になります。大変珍しいのでショップで探すのは困難ですのでブリーダーさんを探した方が早いかもしれませんね。

最後に人気カラーに選ばれたのは、ブルータビーです。このブルータビーの子は、王道のクラシックタビーと、マッカレルタビーと呼ばれるトラに似た細い直線的な縞模様の子に分かれます。

このブルータビーの場合、縞模様の色は黒を薄めた濃いグレーなのですが遺伝子の関係で本当はタビーが入っているのに色が薄すぎて見えなくなる場合もあります。そうなると、ブルー単色になります。

このブルーもブルータビーも、先ほどのバイカラーと同じで、ほとんどショップで見かけることもありませんがアメリカンショートヘア好きの猫愛好家達の間では、人気が高まっています。

今、紹介したもの以外にもトーティと呼ばれるレッド系統の色が混ざり合っている毛色のアメリカンショートヘアもいます。俗にいうサビ猫に近い色合いになりブラックトーティやブルートーティなどが代表的です。

撫でるたびに、赤い毛や黄色っぽい毛が見え隠れしてとても神秘的な雰囲気を醸し出します。特に毛先だけに色がついているシェーデットの場合は、ブラック、レッド、ホワイトの3種類がマーブルになっていて綺麗です。

アメリカンショートヘアの鼻と肉球は何色?

アメリカンショートヘアに限らず、猫の鼻の色と肉球の色は基本的に同じ色になります。全く同じ色ということではなく、どちらかというと肉球の方が濃く鼻の方が薄めの色になることが多いです。

そして、鼻の色と肉球の色は毛色によって変わるため、アメリカンショートヘア特有の鼻の色と肉球の色があるわけでありません。

様々な毛色を持つアメリカンショートヘアですから当然、肉球や鼻の色もそれぞれ違ってくるのです。

毛色には、メラニン色素が大きく関係しており薄い色の毛色であれば、鼻の色も肉球の色も薄くなり、ピンク系統の色となります。白猫などの肉球は可愛いピンク色しています。

アメリカンショートヘアの場合、シルバータビーとブラウンタビーは肉球の色は濃い茶色で鼻の色も茶色になります。

ブルータビーの子であれば、ロシアンブルーのように肉球の色はあずき色や茶色になり鼻の色もそれに近い色となります。

レッドタビーやホワイトであれば、肉球や鼻の色はピンクの子がほとんどですし、ブラックは肉球も鼻も真っ黒になっています。

トーティなど色々な毛色が混ざっている場合は、肉球の色はまだら模様になったりすることが多いそうです。白黒のバイカラーは、白の割合が多いと肉球と鼻の色はピンクに寄っていきます。

ただ、年を重ねていくとその色は薄くなっていきます。人間も年をとると黒髪が白髪になったりと色素が抜けていくように、猫も年を取ってくると肉球の色や鼻の色は薄く変化してきます。

ただ、年を取っているわけでもないのに肉球の色に変化があった場合は何か病気のサインかもしれません。日ごろから、スキンシップをとるついでに肉球の色もチェックしておくといいでしょう。

アメリカンショートヘアの毛色が薄くなる原因とは?

アメリカンショートヘアの毛色が薄くなる原因はいくつか考えられます。

まずは、肉球同様に加齢により色素そのものが薄くなり毛色もまた薄くなることが挙げられます。

次に考えられるのは、肝臓や腎臓に何らかの問題がある場合ですが、基本的に他に病気の可能性がなく元気に過ごしているのであればこの原因は除外されます。

最後に、毛色が薄くなる原因として一番に考えられることはフードに含まれる準必須アミノ酸のチロシンという成分が足りない場合です。

基本的に、準必須アミノ酸のチロシンは猫のフードにはあまり含まれていない可能性もありますがこの成分が体内で足りなくなると、黒の色素が薄まり褐色に変化してしまうのです。

例えば、真っ黒の猫にチロシンを含まない餌を与え続けていると赤茶色になったという事例もあるほどです。人間でもチロシンが足りないと、白髪の原因になり得てしまうのです。

因みにチロシンを含む食材で、猫に与えても良いものはしらす干しやチーズなどの乳製品、かつお節などです。しかし、チロシンが合成されたチロシナーゼは銅イオンと結びつくことで効果をはっきする特性を持ちます。

銅を多く含む食材は貝類やイカ、海老、レバーなどです。他にもナッツ類やごまなどもありますが猫に与えてよいものを選ぶ必要があるので、少量のホタテや、海老、猫用のミルクやチーズをあげるのがベストだと言えますね。

ただ、健康被害でなければ、毛色が薄くなったからと言ってそこまで深く考える必要はありません。むしろ色の変化を楽しむのもいいかもしれません。

更新日:2019年1月7日
提供元:CAT LIFE STYLE

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME